徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [細井 和雄]/松浦 幸子/[津村 恵子]/Wei, Wei/Parvin Nahid Most/多田 淳/[赤松 徹也]/[金森 憲雄]/鈴木 和夫/Expression of kininogens in the connective tissue-type mast cells of the rats./[Immunology]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
71904
EOID
855424
Map
0
LastModified
2017年5月21日(日) 21:10:38
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
細井 和雄
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 徳島大学.歯学部.歯学科
著者 必須
  1. 細井 和雄
    役割 任意 共著
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (英) Matsuura, Sachiko / (日) 松浦 幸子 / (読) まつうら さちこ
    役割 任意 共著
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 津村 恵子
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. (英) Wei, Wei
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. (英) Parvin Nahid Most
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. (英) Tada, Jun / (日) 多田 淳
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. 赤松 徹也([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.生物資源産業学域.応用生命系.生体分子機能学分野]/[徳島大学.生物資源産業学部.生物資源産業学科.応用生命講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. 金森 憲雄
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  9. (英) Suzuki, Kazuo / (日) 鈴木 和夫
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Expression of kininogens in the connective tissue-type mast cells of the rats.

副題 任意
要約 任意

(英) The connective tissue-type mast cells present in the submandibular gland (SMG) and peritoneal cavity of rats were found to express kininogens (KGs), the expression of which was demonstrated by Western blotting, reverse transcription-polymerase chain reaction (RT-PCR), RT-PCR Southern blotting, and light- and electron-microscopic immunocytochemistry. In the SMG, the analysis of cDNA amplified by RT-PCR revealed that the molecular species of mRNAs expressed were high-molecular-weight (HMW)-K KG and T-I KG. Light microscopic immunocytochemistry exclusively localized the KG protein(s) in the mast cells present in the SMG. The signals in the mast cells were very strong, but no positive reaction was observed in the granular convoluted tubular cells, acinar cells or striated duct cells. As determined by using electron microscopy, extremely strong labelling with immunogold was observed in the secretory granules of the mast cells, but no labelling in their nucleus or cytoplasm. Analysis by Western blotting and RT-PCR Southern blotting indicated that both protein and mRNA of KGs were present in the mast cells separated from the peritoneal cavity, indicating de novo synthesis of KG in these cells. Preliminary experiments implied that the connective tissue-type mast cells in other rat tissues also expressed KG.

(日) ラット顎下腺および腹腔に存在する結合組織型肥満細胞にキニノーゲン(KG)が発現していることをRT-PCR,ウェッスタンブロッティング,免疫組織化学的手法を用いて明らかにした.発現しているKGは高分子型およびT-1KGであった.KGは肥満細胞分泌顆粒に局在した.RT-PCRサザンブロッティングにより分離腹腔肥満細胞にKG mRNAを検出したのでKGは肥満細胞でde novoの合成が行われて入ることが示唆された.

キーワード 推奨
  1. (英) Animals
  2. (英) Ascitic Fluid
  3. (英) Blotting, Western
  4. (英) Gene Expression
  5. (英) Immunoenzyme Techniques
  6. (英) Kininogens
  7. (英) Male
  8. (英) Mast Cells
  9. (英) Molecular Weight
  10. (英) RNA, Messenger
  11. (英) Rats
  12. (英) Rats, Wistar
  13. (英) Reverse Transcriptase Polymerase Chain Reaction
  14. (英) Submandibular Gland
発行所 推奨 Springer-Verlag
誌名 必須 Immunology(British Society for Immunology)
(pISSN: 0019-2805, eISSN: 1365-2567)
ISSN 任意 0019-2805
ISSN: 0019-2805 (pISSN: 0019-2805, eISSN: 1365-2567)
Title: Immunology
Title(ISO): Immunology
Supplier: British Society for Immunology
Publisher: Wiley Publishing
 (NLM Catalog  (Wiley  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 101
必須 4
必須 531 540
都市 任意
年月日 必須 2000年 1月 初日
URL 任意
DOI 任意 10.1046/j.1365-2567.2000.00132.x    (→Scopusで検索)
PMID 任意 11122457    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意 2-s2.0-0034537325
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Journal Article

  2. (英) OtherID: PMC2327101