徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: 山本 真由/[谷村 一朗]/湯浅 一浩/[森山 啓司]/成人矯正治療患者における歯間乳頭部歯肉の変化に関する研究/[Orthodontic Waves]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
71435
EOID
798060
Map
0
LastModified
2015年9月14日(月) 11:54:49
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[研究部長]/[徳島大学.大学院ヘルスバイオサイエンス研究部]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 日本語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 徳島大学.歯学部.歯学科.発達育成系臨床歯学講座.口腔顎顔面矯正学
著者 必須
  1. (英) Yamamoto Mayu / (日) 山本 真由 / (読) やまもと まゆ
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 谷村 一朗
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. (英) Yuasa Kazuhiro / (日) 湯浅 一浩 / (読) ゆあさ かずひろ
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 森山 啓司
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) The study on changes of interdental gingival papilla befor and after orthodontic treatment in adult patients

(日) 成人矯正治療患者における歯間乳頭部歯肉の変化に関する研究

副題 任意
要約 任意

(英) The purpose of this study was to investigate etiologic factors for enlargement of gingival embrasure, which could be a clinical problem in adult orthodontic treatment. The gingival embrasures between the central incisors in the maxilla and mandible in 83 adult orthodontic patients (11 males, 72 females, age at pretreatment : 23.1±3.9 years old, treatment period : 2.5±1.6 years) were analyzed at pre and post-treatment stages by oral photographs, and were divided into the enlarged and non-enlarged groups. The direction and degree of the tooth movement, the crown shape of the central incisor and the skeletal pattern were analyzed by lateral cephalograms and study models, and the correlation with the prevalence of the enlarged gingival embrasure was evaluated. The following results were obtained ; 1) The prevalence of the enlargement of the gingival embrasure in the maxilla was 33.7% and that in the mandible was 47.0%. 2) The degrees of the lingual inclination and the extrusion of the maxillary incisors were significantly greater in the enlarged group as compared with the non-enlarged group. 3) The prevalence of the enlargement in skeletal 3 patients was lower than that in the skeletal 1 or skeletal 2 patients. 4) There were no significant differences in the shapes of the central incisors between the enlarged and non-enlarged groups. These results suggest that the enlargement of gingival embrasure might be an important problem in adult orthodontic patients.

(日) 歯間乳頭の欠落により下部鼓形空隙(以下, 鼓形空隙と略する)が暗影となり, 審美障害や発音障害を惹起することから, この空隙は矯正治療において臨床的問題となる場合がある.そこで本研究では, 成人矯正治療患者の術前・術後における前歯部の歯間乳頭部歯肉の変化に着目し, 検討を行うことを目的とした.徳島大学歯学部附属病院矯正科を受診した成人不正咬合患者83名(男性11名, 女性72名, 動的治療開始時年齢18.1∿34.1歳, 平均年齢23.1±3.9歳, 平均治療期間2.5±1.6年)の上下顎中切歯間の鼓形空隙を対象とした.矯正治療の術前・術後の口腔内写真を用いて中切歯間の鼓形空隙の拡大の有無を上下顎それぞれについて判定を行い, 拡大群と非拡大群の2群に分類を行った.さらに石膏口腔模型, 側面頭部X線規格写真を用いて両群間の歯の移動様相, 骨格型, 中切歯歯冠形態を比較検討したところ, 以下の結果を得た.1)鼓形空隙拡大発生率は, 上顎中切歯と比較して下顎中切歯のほうが高い傾向を示した.2)歯の移動様相と鼓形空隙拡大との関連性については, 上顎中切歯の唇舌的歯軸変化量, および垂直的移動量において, 拡大群と非拡大群との間に有意差を認めた.3)骨格型と鼓形空隙拡大との関連性については, 上下顎ともにskeletal 3では鼓形空隙拡大発生頻度が低い傾向が認められた.4)歯冠形態と鼓形空隙拡大との関連性については, 拡大群と非拡大群との間に有意差を認めなかった.以上の結果より, 成人矯正治療においては鼓形空隙への十分な配慮が治療計画の立案において重要であることが示唆された.

キーワード 推奨
  1. (英) Black triangle / (日) 鼓形空隙
  2. (日) 成人矯正
  3. (日) 矯正治療後
発行所 推奨 日本矯正歯科学会
誌名 必須 Orthodontic Waves([日本矯正歯科学会])
(pISSN: 1344-0241)
ISSN 任意 1344-0241
ISSN: 1344-0241 (pISSN: 1344-0241, eISSN: 1878-1837)
Title: Orthodontic waves (English ed.)
Title(ISO): Orthod Waves
Supplier: 日本矯正歯科学会
Publisher: Taylor and Francis Ltd.
 (NLM Catalog  (Webcat Plus  (医中誌Web  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 61
必須 4
必須 281 288
都市 任意
年月日 必須 2002年 8月 初日
URL 任意 http://ci.nii.ac.jp/naid/110004015696/
DOI 任意
PMID 任意
NAID 任意 110004015696
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意