徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [薩摩 登誉子]/[坂東 永一]/[重本 修伺]/[郡 元治]/[中野 雅德]/[西川 啓介]/[山内 英嗣]/川口 貴穂/Effects of occlusal force loading on tooth movement in six degrees of freedom/[日本顎口腔機能学会雑誌]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
70907
EOID
731982
Map
0
LastModified
2014年4月25日(金) 14:34:51
Operator
松井 栄里
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
田島 登誉子
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 徳島大学.歯学部.歯学科.機能維持系臨床歯学講座.咬合管理学(歯科補綴学第二講座)
著者 必須
  1. 薩摩 登誉子([徳島大学.病院.診療科.歯科.かみあわせ補綴科(第二補綴科)]/->個人[田島 登誉子])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 坂東 永一
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 重本 修伺
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 郡 元治
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. 中野 雅德
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. 西川 啓介
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. 山内 英嗣
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. (英) Kawaguchi Takaho / (日) 川口 貴穂 / (読) かわぐち たかほ
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《川口 貴穂 () @ 歯学研究科.博士課程 [大学院学生] 1999年4月〜2003年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
題名 必須

(英) Effects of occlusal force loading on tooth movement in six degrees of freedom

副題 任意

(英) Development of an analysis system

要約 任意

(英) The purpose of this research was to evaluate tooth movement in six degrees of freedom under occlusal force loading. The right side upper first premolar movement of an adult volunteer without any signs or symptoms of periodontal disease was studied. A small occlusal table mounted on a force transducer was clipped between the upper and lower dentition. Occlusal force was applied to the buccal cusp, palatal cusp or central fossa of the first premolar and also to the right side canine aspect by clenching this occlusal table. The right side first premolar movement relative to the left side first premolar was measured by means of a highresolution six degrees of freedom motion detector. The three-dimensional shape of the first premolar was measured with following methods. A 3-D digitizer with a touch sensor probe was used to measure the coronal part of a cast stone model of the tooth. Computerized tomography data were used to obtain the root shape of the tooth. These movement and configuration data were combined to perform computer graphics analysis of the three-dimensional tooth movements. The range and direction of tooth movement were varied by altering the position and amplitude of occlusal force loading. Since the magnitude of the tooth movements was relatively small, we adapted the screw axis (helical axis) concept to emphasize tooth movement on the computer graphics representations.

キーワード 推奨
  1. 歯の運動(tooth movement)
  2. 6自由度(six degree of freedom)
  3. (英) three-dimensional reconstruction / (日) 三次元再構築 / (読) さんじげんさいこうちく
  4. (英) screw axis / (日) らせん軸 / (読) らせんじく
  5. コンピュータグラフィックス(computer graphics)
発行所 推奨 日本顎口腔機能学会
誌名 必須 日本顎口腔機能学会雑誌([日本顎口腔機能学会])
(pISSN: 1340-9085, eISSN: 1883-986X)
ISSN 任意 1340-9085
ISSN: 1340-9085 (pISSN: 1340-9085, eISSN: 1883-986X)
Title: 日本顎口腔機能学会雑誌
Supplier: 日本顎口腔機能学会
Publisher: Japanese Society of Stomatognathic Function
 (Webcat Plus  (医中誌Web  (J-STAGE  (CrossRef (No Scopus information.)
必須 8
必須 2
必須 91 98
都市 任意 徳島(Tokushima/[日本国])
年月日 必須 2002年 3月 25日
URL 任意 http://ci.nii.ac.jp/naid/110001092010/
DOI 任意 10.7144/sgf.8.91    (→Scopusで検索)
PMID 任意
NAID 任意 110001092010
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意