徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [辻 明彦]/Sakurai Kensuke/Kiyokage Emi/Yamazaki Takahito/Koide Shizuyo/[樋田 一徳]/[石村 和敬]/[松田 佳子]/Secretory proprotein convertases PACE4 and PC6A are heparin-binding proteins which are localized in the extracellular matrix. Potential role of PACE4 in the activation of proproteins in the extracellular matrix/[Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Proteins and Proteomics]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
70029
EOID
667280
Map
0
LastModified
2012年10月24日(水) 18:36:22
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
辻 明彦
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 徳島大学.工学部.生物工学科.生物反応工学講座
著者 必須
  1. 辻 明彦
    役割 任意

    (日) 計画,実験,解析,考察,論文執筆

    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (英) Sakurai Kensuke
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. (英) Kiyokage Emi
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《清蔭 恵美 (Kiyokage Emi) @ 医学研究科.博士課程 [大学院学生] 2001年4月〜2005年9月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  4. (英) Yamazaki Takahito
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. (英) Koide Shizuyo
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《小出 静代 (Koide Shizuyo) @ 工学研究科.博士後期課程 [大学院学生] 2001年4月〜2004年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  6. 樋田 一徳
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. 石村 和敬
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. 松田 佳子
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Secretory proprotein convertases PACE4 and PC6A are heparin-binding proteins which are localized in the extracellular matrix. Potential role of PACE4 in the activation of proproteins in the extracellular matrix

副題 任意
要約 任意

(日) PACE4のヘパリンセファロースゲルに対する結合能を調べた.PACE4はヘパリンカラムに強く結合し,塩化ナトリウム1モル以上の濃度で溶出された.また,結合したPACE4はヘパリンで溶出されたが,コンドロイチン硫酸では全く溶出されなかった.PACE4のC末に塩基性アミノ酸に富んだヘパリン結合部位を同定した.さらに,培養細胞を用いてPACE4は細胞外マトリックスに存在するプロテオグリカン分子のヘパラン硫酸糖鎖に結合していることを証明した.

キーワード 推奨
  1. (英) Amino Acid Sequence
  2. (英) Binding Sites
  3. (英) Cells, Cultured
  4. (英) Enzyme Activation
  5. (英) Extracellular Matrix
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] 細胞外マトリックス (extracellular matrix)
  6. (英) Heparan Sulfate Proteoglycans
  7. (英) Heparin
  8. (英) Humans
  9. (英) Immunohistochemistry
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] 免疫組織化学 (immunohistochemistry)
  10. (英) Molecular Sequence Data
  11. (英) Placenta
  12. (英) Proprotein Convertase 5
  13. (英) Proprotein Convertases
  14. (英) Serine Endopeptidases
  15. (英) Subtilisins
  16. (英) Trophoblasts
発行所 推奨
誌名 必須 Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Proteins and Proteomics([Elsevier Science])
(pISSN: 1570-9639, eISSN: 1878-1454)
ISSN 任意 1570-9639
ISSN: 1570-9639 (pISSN: 1570-9639, eISSN: 1878-1454)
Title: Biochimica et biophysica acta. Proteins and proteomics
Title(ISO): Biochim Biophys Acta Proteins Proteom
Publisher: Elsevier BV
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 1645
必須 1
必須 95 104
都市 任意
年月日 必須 2003年 1月 31日
URL 任意
DOI 任意 10.1016/S1570-9639(02)00532-0    (→Scopusで検索)
PMID 任意 12535616    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) Article.Affiliation: Department of Biological Science and Technology, Faculty of Engineering, The University of Tokushima, 2-1 Minamijosanjima, 770-8506, Tokushima, Japan.

  2. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Comparative Study

  3. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Journal Article

  4. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Research Support, Non-U.S. Gov't