徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [橋本 親典]/辻 幸和/丸山 久一/杉山 隆文/超流動コンクリートの圧送を目的とした高性能コンクリートポンプの開発/科学研究費補助金試験研究(B)研究成果報告書(課題番号 05555119 )

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
69982
EOID
437385
Map
0
LastModified
2009年1月18日(日) 12:17:53
Operator
橋本 親典
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
橋本 親典
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 報告書
言語 必須
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 徳島大学.工学部.建設工学科
著者 必須
  1. 橋本 親典([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.社会基盤デザイン系.構造・材料分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.構造・材料講座]/[徳島大学.先端技術科学教育部.知的力学システム工学専攻.建設創造システム工学コース.建設構造工学講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (日) 辻 幸和 / (読) つじ ゆきかず
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. (日) 丸山 久一 / (読) まるやま きゅういち
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. (日) 杉山 隆文 / (読) すぎやま たかふみ
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Experimental study on pulsatile flow of concrete flowing in pipe

(日) 超流動コンクリートの圧送を目的とした高性能コンクリートポンプの開発

副題 任意
要約 任意

(英) A pulsatile flow of concrete flowing in pipe will adversely affect the property of the fresh concrete after being pumped as well as the pumping pipe itself. In addition, the noise resulting from the pulsating concrete flow in pipe might exceed an acceptable level from environmental points of view in the job site. This research project has been conducted to develop a novel system for pumping concrete with a minimizing degree of the pulsation in the pipe. A pumping devise designed on a small scale has two hydraulic cylinders : one for a main stream and the other for a supplemental stream, respectively, that permit to arrange the pulsation of respective stream with arbitrary levels. A visualization technique was employed to determine satisfactory levels of the pulsation of the supplemental stream that resulted in minimizing the pulsatile flow of concrete flowing through the main pipe after being combined with the supplemental stream. This research concludes that pumping concrete could be operated without causing an adverse pulsation through the pipe by arranging the pulsation levels of the supplemental stream with the main flow of a certain level of the pulsation. Also, it was found that the content of coarse aggregate per unit volume in concrete influenced the manner of pulsating flow of the concrete in pipe.

(日) 高流動コンクリ-トの圧送を目的とした高性能なコンクリ-トポンプの開発を行うことを目的として,2種類(主流および補流)の任意の波形を有する脈動流を設定することができる小型ポンプ圧送装置を試作し,高流動コンクリ-トのコンシステンシ-と同程度のコンシステンシ-を有する可視化モデルコンクリ-トを用いて,脈動流を抑制させて定常状態の管内流動を形成させるコンクリ-トポンプの実用化の可能性について検討した. 本脈動流抑制機構は,主流側の脈動流に対して新たに補流シリンダを設置し,主流の流速・圧力の時間的変動と対称的な脈動流を補流の脈動流として与え,主流の脈動流と補流の脈動流を合流させて,主流の脈動流を平滑化させて定常状態の管内流動を形成させるものである. 合流部での管内流動の平滑化のための補流の条件を定量的に評価するために,合流部をアクリルブロックで管内が可視化できるように製作し,高流動コンクリ-トの可視化モデルを用いて,着目トレ-サ粒子の流速ベクトル分布から管内平均流速の経時変化を求めた.また,管壁に取り付けた圧力センサ-から求められる圧力の経時変化も求めた.その結果,補流の条件はコンクリ-トの粗骨材濃度に依存するが,主流の脈動流に対してある波形の脈動流を合流させることにより,合流後の管内流動を平滑化させることが可能であることが明らかになった. 今後は,本高性能コンクリ-トポンプの実用化のために,実際の高流動コンクリ-トを用い,本脈動抑制装置を搭載した実機コンクリ-トポンプによる現場規模の圧送実験による検証実験を行う必要がある. また,高流動コンクリ-トのポンパビリティ-に大きく影響をおよぼす細骨材の品質に関しては,遠心力による高品質砕砂の品質評価の定量化システムを開発し,その可能性について検討した.

キーワード 推奨
発行所 任意
誌名 任意 (英) Reprot of research project (Development Scientific Research (B)), grant-in-aid for scientifc research (Project number 05555119) / (日) 科学研究費補助金試験研究(B)研究成果報告書(課題番号 05555119 ) / (読) かがくけんきゅうひほじょきんしけんけんきゅうびーけんきゅうせいかほうこくしょ
ISSN 任意
任意
任意
任意
都市 任意
年月日 必須 1995年 3月 末日
URL 任意
DOI 任意
PMID 任意
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意