徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [亀井 忠輔]/[井上 哲夫]/[柳谷 伸一郎]/[森 篤史]/Striations in the KCl single crystals grown from aqueous solutions/[Journal of Crystal Growth]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
69713
EOID
934215
Map
0
LastModified
2018年12月3日(月) 17:57:37
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
柳谷 伸一郎
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨 研究
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 徳島大学.工学部.光応用工学科.光機能材料講座
著者 必須
  1. 亀井 忠輔
    役割 任意 共著
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 井上 哲夫
    役割 任意 共著
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 柳谷 伸一郎([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.光応用系.光機能材料分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.光機能材料講座])
    役割 任意 共著
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 森 篤史
    役割 任意 共著
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Striations in the KCl single crystals grown from aqueous solutions

副題 任意
要約 任意

(英) Growth striations were always observed on the etched surfaces of KCl crystals grown from aqueous solutions doped with Pb. However, the origin of the striations is not known in the case of aqueous solution growth. In this work, it was studied how the width and period among the striations were influenced by the growth rate and concentration of the dopant Pb. The crystals were grown from the aqueous solutions doped with Pb (1/4000 1/1250 in molar fraction) by an evaporation method at pH=2.0. The average growth rates were changed from 24 to 115 mm/day by controlling the evaporation rate. It was found that both the width and period among the striations decreased with an increase of the average growth rate. However, the effects of the concentration of dopant Pb upon the width and period among the striations were not found within the concentration range examined.

(日) 成長縞はメルト成長,溶液成長,フラックス成長においてごく普通に形成される.メルト成長においては成長縞は固液界面温度の周期的変化によって形成されると考えられている.しかし溶液成長においてはその形成メカニズムは解明されていない.本研究ではKClの水溶液成長で,成長縞の間隔に及ぼす成長速度や添加物(Pb)の効果を調べ,その結果にもとずいて形成機構を考察した.

キーワード 推奨
発行所 推奨
誌名 必須 Journal of Crystal Growth([Elsevier])
(pISSN: 0022-0248)
ISSN 任意 0022-0248
ISSN: 0022-0248 (pISSN: 0022-0248)
Title: Journal of crystal growth
Title(ISO): J Cryst Growth
Publisher: Elsevier BV
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 243
必須 3-4
必須 517 521
都市 任意
年月日 必須 2002年 9月 初日
URL 任意 http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0022024802015221
DOI 任意 10.1016/S0022-0248(02)01522-1    (→Scopusで検索)
PMID 任意
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意