徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: Tagami Takanori/[池田 建司]/Kawabe Tohru/Design of robust I-PD controller based on Pareto-optimality with generalized ISE/Proceedings of the 22nd IASTED International Conference on MODELLING, IDENTIFICATION, AND CONTROL

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
69577
EOID
234763
Map
0
LastModified
2005年7月19日(火) 11:02:59
Operator
近江 千代子
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
池田 建司
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 国際会議
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 徳島大学.工学部.知能情報工学科.知能工学講座
著者 必須
  1. (英) Tagami Takanori
    役割 任意

    (日) 全頁執筆

    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 池田 建司([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.知能情報系.知能工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.知能工学講座])
    役割 任意

    (日) 研究内容についてアドバイス

    貢献度 任意 40
    学籍番号 推奨
  3. (英) Kawabe Tohru
    役割 任意

    (日) 研究内容についてアドバイス

    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Design of robust I-PD controller based on Pareto-optimality with generalized ISE

副題 任意
要約 任意

(日) 先の論文では, 速応性と振動抑制性の2目的最適化問題を, 閉ループ系の極の実部の最大値の最小化, および, 原点から見た虚軸からの角度の最大値の最小化という2つの最小化問題に置き換えて, 2目的問題を解いた. 一方, 筆者の一人はロバスト性を考慮した上で, 速応性と振動抑制性の両方を考慮した制御系設計手法として一般化ISEという評価指標に基づく手法を提案している. そこで, 本論文では, 二つの手法の特徴を実際の磁気浮上系を例題にとり, 比較·検討した.

キーワード 推奨
発行所 推奨
誌名 必須 (英) Proceedings of the 22nd IASTED International Conference on MODELLING, IDENTIFICATION, AND CONTROL
ISSN 任意
必須
必須
必須 566 571
都市 必須 インスブルック(Innsbruck/[オーストリア共和国])
年月日 必須 2003年 2月 初日
URL 任意
DOI 任意
PMID 任意
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意