徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: 松本 健一/[上田 隆雄]/芦田 公伸/宮川 豊章/Study on Realkalization with Electrolyte Containing Lithium Ion/[International Journal of Modern Physics B]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
69198
EOID
876689
Map
0
LastModified
2017年12月2日(土) 21:15:26
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
上田 隆雄
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 徳島大学.工学部.建設工学科.建設構造工学講座
著者 必須
  1. (英) Matsumoto Kenichi / (日) 松本 健一 / (読) まつもと けんいち
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《松本 健一 (Matsumoto Kenichi) @ 工学研究科.博士前期課程 [大学院学生] 2001年4月〜2003年3月》
    《松本 健一 () @ 工学部 [学部学生] 1997年4月〜2001年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  2. 上田 隆雄([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.社会基盤デザイン系.構造・材料分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.構造・材料講座])
    役割 任意

    (日) 実験および分析指導,論文作成指導

    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. (英) Ashida Masanobu / (日) 芦田 公伸 / (読) あしだ まさのぶ
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. (英) Miyagawa Toyoaki / (日) 宮川 豊章 / (読) みやがわ とよあき
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Study on Realkalization with Electrolyte Containing Lithium Ion

副題 任意
要約 任意

(英) This study tried the application of electrochemical realkalization using Li3BO3 solution as the electrolyte, compaired with the case of usual Na2CO3 solution. The results obtained from this study are shown as follows; (1)The rate of concrete expansion by alkali-silica reaction (ASR) after realkalization using Li3BO3 solution was smaller than the case of Na2CO3 solution. (2)The realkalization effect obtained just after treatment was enough even when Li3BO3 solution was applied like as the case of Na2CO3 solution. (3)The pH value of cover concrete at 1 year after finishing realkalization using Li3BO3 maintained the same level as the case of Na2CO3 solution. Further more, the pH value obtained by realkalization using Li3BO3 solution maintained acceptable level under the accelerated condition of carbonation for 30 days.

(日) 本研究は,再アルカリ化工法の電解液として,従来から用いられているNa2CO3の代わりにLi3BO3を用いた場合について検討を行った.この結果,以下の知見が得られた.(1)再アルカリ化工法適用後のコンクリートのASR膨張率は,Na2CO3を用いた場合よりもLi3BO3を用いた場合の方が小さかった.(2)通電処理直後の再アルカリ化効果は,Li3BO3を用いた場合でもNa2CO3を用いた場合と同様に得られた.(3)Li3BO3を用いて通電処理を行った後1年が経過した時のかぶりコンクリートのpHは,Na2CO3を用いた場合と同程度であった.

キーワード 推奨
発行所 推奨 World Scientific
誌名 必須 International Journal of Modern Physics B([World Scientific])
(pISSN: 0217-9792, eISSN: 1793-6578)
ISSN 任意 0217-9792
ISSN: 0217-9792 (pISSN: 0217-9792, eISSN: 1793-6578)
Title: International journal of modern physics. B
Title(ISO): Int J Mod Phys B
Publisher: World Sci. Publ., Singapore.
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 17
必須 8&9
必須 1446 1451
都市 任意
年月日 必須 2003年 2月 1日
URL 任意
DOI 任意 10.1142/S0217979203019137    (→Scopusで検索)
PMID 任意
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意 2-s2.0-0038101461
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意