徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [升田 雅博]/[大山 啓]/[岩田 弘]/[橋本 浩二]/大久保 和男/チップソーによる鉄鋼材料の切断加工に関する研究(第2報)/[精密工学会誌]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
67780
EOID
906097
Map
0
LastModified
2018年5月17日(木) 16:38:36
Operator
溝渕 啓
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
溝渕 啓
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 日本語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 徳島大学.工学部.機械工学科.生産システム講座
  2. 徳島大学.工学部.機械工学科.知能機械学講座
  3. 香川県産業技術センター
  4. 橋本特殊工業(株)
  5. 徳島大学.工学研究科.機械工学専攻(〜2011年3月31日)
著者 必須
  1. 升田 雅博
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 大山 啓([徳島大学.工学部.機械工学科.知能機械学講座]/->個人[溝渕 啓])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 岩田 弘
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 橋本 浩二
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. (日) 大久保 和男 / (読) おおくぼ かずお
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
題名 必須

(英) Study on Cutting-off Used Tipped-Saw when Sawing Steels (2nd Report)

(日) チップソーによる鉄鋼材料の切断加工に関する研究(第2報)

副題 任意

(英) Relation Between Tensioning of Disk and Sawing Performance

(日) -親板のテンショニング処理と切断性能-

要約 任意

(英) This paper aims at developing of tipped-saw suited for cutting-off of various steels, and deals with an application of residual tensile stress which occurs in the outer aria of disk when brazing tips. Disk material is first investigated from the viewpoint of vibration characteristics. Next, tipped-saws utilized the thermal stress are produced with SK5 displayed the largest damping ratio and then the sawing performances such as tool failure, flank wear rate, surface roughness and so on are estimated. In addition, the results are compared with tipped-saws tensioned near the bottom of saws by rolling in order to ease the excessive tensile thermal stress. The examinations are carried out by two kinds of tip material i.e. cemented carbide and cermet. The obtained results are as follows. When the feed rate is at 0.07-0.10 mm/tooth, surface roughness and noise level are smaller. Tool fracture did not occur at 300 cutting numbers for cemented carbide, while 5 teeth of the cutting edge fractured up to 210 cutting numbers for cermet. Compared with tipped-saw of the only brazing, a deformed disk leads to higher elastic rigidity and smaller surface roughness.

(日) 親板材質,ろう付け時に発生する熱応力を利用した引張残留応力の付与などが親板剛性に及ぼす影響を検討した.材質により減衰率に差があること,刃底に引張残留応力を緩和するためのローラーかけが必要であることがわかった.

キーワード 推奨
  1. (英) sawing
  2. (英) tensioning methods
  3. (英) brazing
  4. (英) tool failure
  5. (英) surface roughness
発行所 推奨 (英) The Japan Society for Precision Engineering / (日) 公益社団法人精密工学会
誌名 必須 精密工学会誌([社団法人 精密工学会])
(pISSN: 0912-0289, eISSN: 1882-675X)
ISSN 任意 0912-0289
ISSN: 0912-0289 (pISSN: 0912-0289, eISSN: 1882-675X)
Title: 精密工学会誌
Supplier: 公益社団法人精密工学会
Publisher: Seimitsu Kogakkai/The Japan Society for Precision Engineering
 (Webcat Plus  (J-STAGE  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 69
必須 2
必須 237 241
都市 任意
年月日 必須 2003年 2月 5日
URL 任意 http://ci.nii.ac.jp/naid/110001368424/
DOI 任意 10.2493/jjspe.69.237    (→Scopusで検索)
PMID 任意
NAID 任意 110001368424
WOS 任意
Scopus 任意 2-s2.0-30744447659
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意