徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [前田 和子]/Russell C. George/Guest R. John/Massey Vincent/WilliamsJr H. Charles/Modulation of the Oxidation-Reduction Potential of the FLavin in Lipoamide Dehydrogenase from Escherichia coli by Alteration of a Nearby Charged Residue, K53R/[Biochemistry]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
67043
EOID
87903
Map
0
LastModified
2003年2月20日(木) 10:56:45
Operator
頼田 和子
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
頼田 和子
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 分子酵素学研究センター(〜2007年3月31日/->組織[疾患酵素学研究センター])
著者 必須
  1. 前田 和子(->個人[頼田 和子])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (英) Russell C. George
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. (英) Guest R. John
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. (英) Massey Vincent
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. (英) WilliamsJr H. Charles
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Modulation of the Oxidation-Reduction Potential of the FLavin in Lipoamide Dehydrogenase from Escherichia coli by Alteration of a Nearby Charged Residue, K53R

副題 任意
要約 任意
キーワード 推奨
発行所 推奨 アメリカ化学会
誌名 必須 Biochemistry([アメリカ化学会])
(resolved by 0006-2960)
ISSN: 0006-2960 (pISSN: 0006-2960, eISSN: 1520-4995)
Title: Biochemistry
Title(ISO): Biochemistry
Publisher: American Chemical Society
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
(resolved by 1520-4995)
ISSN: 0006-2960 (pISSN: 0006-2960, eISSN: 1520-4995)
Title: Biochemistry
Title(ISO): Biochemistry
Publisher: American Chemical Society
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
ISSN 任意
必須 33
必須 20
必須 6213 6220
都市 任意 (英) Washington DC
年月日 必須 1994年 5月 初日
URL 任意
DOI 任意
PMID 任意
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意