徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: 山田 卓司/三谷 匡/[頼田 和子]/[内田 大亮]/[松島 明美]/Iwamasa Kikue/藤田/[松本 満]/Abnormal Immune Function of Hemopoietic Cells from Alymphoplasia (aly) Mice, a Natural Strain with Mutant NF-kappaB-Inducing Kinase/[The Journal of Immunology]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
67006
EOID
732253
Map
0
LastModified
2014年4月30日(水) 14:18:47
Operator
松井 栄里
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
頼田 和子
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨 研究
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 分子酵素学研究センター(〜2007年3月31日/->組織[疾患酵素学研究センター])
著者 必須
  1. (英) Yamada Takuji / (日) 山田 卓司 / (読) やまだ たくじ
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (英) Mitani Tasuku / (日) 三谷 匡 / (読) みたに たすく
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 頼田 和子
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 内田 大亮
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. 松島 明美
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. (英) Iwamasa Kikue / (読) いわまさ きくえ
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. (英) Fujita Shigeru / (日) 藤田 / (読) ふじた しげる
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [個人] 後藤田 中 ([香川大学])
    [個人] 後藤田 貴子
    [個人] 後藤田 麻衣
    [個人] 藤田 浩司 ([徳島大学.病院.診療科.内科.神経内科])
    [個人] 藤田 佐和 (高知女子大学)
    [個人] 藤田 崇志
    [個人] 藤田 知代
    [個人] 藤田 真人
    [個人] 藤田 雅文 ([鳴門教育大学])
    [個人] 藤田 真弓
    [個人] 藤田 美歌子
    [個人] 藤田 優子
    [個人] 藤田 玲子 ([エコシステム工学専攻])
    この情報が上記に掲げた個人の業績等に分類されるためには参照登録が必要です.上記に掲げた個人本人に該当する場合には参照登録に変更してください.
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《藤田 敏幸 (Fujita Toshiyuki) @ 総合科学部 [学部学生] 1994年4月〜2000年3月》
    《藤田 将年 (Fujita Masatoshi) @ 総合科学部 [学部学生] 1996年4月〜2000年3月》
    《藤田 真由美 (Fujita Mayumi) @ 総合科学部 [学部学生] 1996年4月〜2000年3月》
    《藤田 智美 () @ 工学部 [学部学生] 1996年4月〜2000年3月》
    《後藤田 裕子 () @ 歯学部 [学部学生] 1994年4月〜2000年3月》
    《藤田 忠生 () @ 歯学部 [学部学生] 1994年4月〜2000年3月》
    《藤田 健一 () @ 工学研究科.博士前期課程 [大学院学生] 1998年4月〜2000年3月》
    《藤田 基樹 () @ 工学研究科.博士前期課程 [大学院学生] 1998年4月〜2000年3月》
    《藤田 あずさ (Fujita Azusa) @ 総合科学部 [学部学生] 1997年4月〜2001年3月》
    《藤田 学 (Fujita Manabu) @ 総合科学部 [学部学生] 1997年4月〜2001年3月》
    《藤田 江津子 (Fujita Etsuko) @ 総合科学部 [学部学生] 1997年4月〜2001年3月》
    《藤田 佐和子 (Fujita Sawako) @ 総合科学部 [学部学生] 1997年4月〜2001年3月》
    《後藤田 美花 () @ 工学部 [学部学生] 1997年4月〜2001年3月》
    《藤田 泰司 () @ 工学部 [学部学生] 1997年4月〜2001年3月》
    《藤田 慎也 () @ 工学部 [学部学生] 1997年4月〜2001年3月》
    《藤田 大輔 () @ 工学部 [学部学生] 1996年4月〜2001年3月》
    ---(他)---
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  8. 松本 満([徳島大学.先端酵素学研究所.次世代酵素学研究領域])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Abnormal Immune Function of Hemopoietic Cells from Alymphoplasia (aly) Mice, a Natural Strain with Mutant NF-kappaB-Inducing Kinase

副題 任意
要約 任意

(英) Alymphoplasia (aly) mice, a natural strain with a mutant NF-kappa B-inducing kinase (NIK) gene, manifest a unique phenotype; they lack lymph nodes and Peyer's patches, have a disturbed spleen architecture, and exhibit defects in both Ab and cellular immune responses. Although a stromal defect caused by impaired lymphotoxin-beta receptor signaling accounts for their abnormal lymphoid organogenesis, the exact mechanisms underlying the development of immunodeficiency in aly mice are poorly understood. We therefore investigated the contribution of hemopoietic cells with the aly NIK mutation to the development of immunodeficiency. Transfer of aly/aly bone marrow cells into aly/+ mice resulted in poorly developed B cell follicles and lack of support for the development of germinal centers and isotype switching, indicating that the hemopoietic cells of aly mice contain an autonomous defect. However, follicular dendritic cell clusters were maintained in the spleens of these bone marrow chimeras, suggesting that the lack of follicular dendritic cell clusters in aly mice is probably due to the stromal defect. The aly mice lacked marginal zone B cells in their spleens, and aly/aly B cells showed an impaired proliferative response after in vitro stimulation. IL-2 production by activated T cells was also impaired. By contrast, the dendritic cells of aly mice exhibited grossly normal development and function. Supporting the concept of an autonomous cell defect, Rel protein expression was altered in aly/aly spleens. Thus, the aly NIK mutation affects hemopoietic cell function in an intrinsic fashion and, together with the stromal defect, may contribute to the development of immunodeficiency in aly mice.

キーワード 推奨
  1. (英) Animals
  2. (英) B-Lymphocytes
  3. (英) Bone Marrow Cells
  4. (英) Bone Marrow Transplantation
  5. (英) Cell Differentiation
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] 細胞増殖·分化 (cell proliferation and differentiation)
    [キーワード] 細胞分化 (cell differentiation)
  6. (英) Dendritic Cells
  7. (英) Dendritic Cells, Follicular
  8. (英) Hematopoietic Stem Cells
  9. (英) Interleukin-2
  10. (英) Lymphocyte Activation
  11. (英) Lymphopenia
  12. (英) Mice
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] ノックアウトマウス (knockout mice)
  13. (英) Mice, Inbred BALB C
  14. (英) Mice, Inbred C57BL
  15. (英) Mice, Mutant Strains
  16. (英) NF-kappa B
  17. (英) Protein-Serine-Threonine Kinases
  18. (英) Proto-Oncogene Proteins c-rel
  19. (英) Receptors, Complement
  20. (英) Spleen
  21. (英) T-Lymphocytes
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] Tリンパ球 (T lymphocytes)
発行所 推奨
誌名 必須 The Journal of Immunology([The American Association of Immunologists])
(pISSN: 0022-1767, eISSN: 1550-6606)
ISSN 任意 0022-1767
ISSN: 0022-1767 (pISSN: 0022-1767, eISSN: 1550-6606)
Title: Journal of immunology (Baltimore, Md. : 1950)
Title(ISO): J. Immunol.
Publisher: American Association of Immunologists
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 165
必須 2
必須 804 812
都市 任意
年月日 必須 2000年 7月 15日
URL 任意
DOI 任意
PMID 任意 10878354    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意 000088085600025
Scopus 任意 2-s2.0-0034662002
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Journal Article

  2. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Research Support, Non-U.S. Gov't