徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: Asahi Yoshihiko/Hayashi Hideki/Lihong Wang/[蛯名 洋介]/Fluoromicroscopic detection of myc-tagged GLUT4 on the cell surface. Co-localization of the translocated GLUT4 with rearranged actin by insulin treatment in CHO cells and L6 myotubes./[The Journal of Medical Investigation : JMI]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
66798
EOID
877157
Map
0
LastModified
2017年12月4日(月) 13:54:36
Operator
[ADMIN]
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[センター長]/[疾患酵素学研究センター]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 分子酵素学研究センター(〜2007年3月31日/->組織[疾患酵素学研究センター])
著者 必須
  1. (英) Asahi Yoshihiko / (読) あさひ よしひこ
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (英) Hayashi Hideki / (読) はやし ひでき
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《若林 英樹 (Wakabayashi Hideki) @ 医学研究科.博士課程 [大学院学生] 1997年4月〜2001年3月》
    《林 英樹 () @ 工学部 [学部学生] 1999年4月〜2003年3月》
    《高林 秀樹 () @ 工学部 [学部学生(夜間)] 2000年4月〜2004年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  3. (英) Lihong Wang
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 蛯名 洋介
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Fluoromicroscopic detection of myc-tagged GLUT4 on the cell surface. Co-localization of the translocated GLUT4 with rearranged actin by insulin treatment in CHO cells and L6 myotubes.

副題 任意
要約 任意

(英) We earlier developed a novel method to detect translocation of glucose transporter type 4 (GLUT 4) directly, quantitatively and simply using c-MYC epitope-tagged GLUT4 (GLUT4myc) Kanai F, Nishioka Y, Hayashi H, Kamohara S, Todaka M, Ebina Y: J Biol Chem 268: 14523-14526, 1993). We further developed the method to visualize GLUT4myc on the cell surface++ by fluorescence microscope using a highly sensitive immunochemical detection system in tissue culture cells stably expressing GLUT4myc. The translocation of GLUT4myc was observed on stimulation with insulin in 3T3-L1 adipocytes, CHO cells and L6 myotubes stably expressing GLUT4myc. Platelet-derived growth factor (PDGF), norepinephrine and bradykinin also triggered GLUT4 translocation in CHO-GLUT4myc cells stably expressing each receptor. To observe the distribution of GLUT4 and actin after insulin treatment, double staining for GLUT4myc and actin was performed. Translocated GLUT4myc on the cell surface was co-localized with rearranged actin in CHO cells and L6 myotubes. This result suggests that a correlation exists between GLUT4 translocation and actin rearrangement.

キーワード 推奨
  1. (英) 3T3 Cells
  2. (英) Actins
  3. (英) Androstadienes
  4. (英) Animals
  5. (英) Biological Transport
  6. (英) Bradykinin
  7. (英) CHO Cells
  8. (英) Cell Membrane
  9. (英) Cricetinae
  10. (英) Enzyme Inhibitors
  11. (英) Glucose Transporter Type 4
  12. (英) Humans
  13. インスリン(insulin)
  14. (英) Mice
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] ノックアウトマウス (knockout mice)
  15. (英) Microscopy, Fluorescence
  16. (英) Monosaccharide Transport Proteins
  17. (英) Muscle Proteins
  18. (英) Norepinephrine
  19. (英) Phosphatidylinositol 3-Kinases
  20. (英) Platelet-Derived Growth Factor
  21. (英) Proto-Oncogene Proteins c-myc
  22. (英) Rats
発行所 推奨
誌名 必須 The Journal of Medical Investigation : JMI([徳島大学.医学部])
(pISSN: 1343-1420, eISSN: 1349-6867)
ISSN 任意 1343-1420
ISSN: 1343-1420 (pISSN: 1343-1420, eISSN: 1349-6867)
Title: The journal of medical investigation : JMI
Title(ISO): J. Med. Invest.
Supplier: 徳島大学
Publisher: Tokushima Daigaku Igakubu
 (NLM Catalog  (Webcat Plus  (医中誌Web  (J-STAGE  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 46
必須 3-4
必須 192 199
都市 任意
年月日 必須 1999年 8月 初日
URL 任意
DOI 任意
PMID 任意 10687315    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
機関リポジトリ 23732
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) Article.Affiliation: Division of Molecular Genetics, University of Tokushima, Japan.

  2. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Journal Article