徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [佐久間 亮]/ヴィクトリア時代の刑法·刑罰体系と「政治文化」/[立命館文学]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
65944
EOID
118702
Map
0
LastModified
2004年1月29日(木) 18:30:15
Operator
佐久間 亮
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
佐久間 亮
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 日本語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 徳島大学.総合科学部.人間社会学科(1993年4月1日〜)
著者 必須
  1. 佐久間 亮([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.社会総合科学域.国際教養系.英語圏分野]/[徳島大学.総合科学部.社会総合科学科.国際教養コース])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(日) ヴィクトリア時代の刑法·刑罰体系と「政治文化」

副題 任意

(日) 「狂人犯罪者」の処遇を中心として

要約 任意

(日) 初期ヴィクトリア時代に特有の犯罪観·人間観を背景として,中央集権的刑法·刑罰体系がヴィクトリア朝期のリベラリズムという支配的イデオロギーの中で着実に進展していく状況を,とくにこの人間観が刑法政策上もっとも端的にあらわれる「狂人」の犯罪処遇を中心に論じた.また,19世紀末から20世紀初頭にかけて生じたこの人間観のパラダイムの変動と「狂気」の脱モラル化によって,既存の刑罰体系が形骸化していく事も示唆した.

キーワード 推奨
発行所 推奨 (日) 立命館大学人文学会 / (読) りつめいかんだいがくじんぶんがっかい
誌名 必須 立命館文学([立命館大学])
ISSN 任意
必須
必須 534
必須 245 267
都市 任意 京都(Kyoto/[日本国])
年月日 必須 1994年 3月 初日
URL 任意
DOI 任意
PMID 任意
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意