徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [佐久間 亮]/ヴィクトリア時代の労働者と自伝/史林

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
65938
EOID
229293
Map
0
LastModified
2005年5月26日(木) 15:07:59
Operator
近江 千代子
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
佐久間 亮
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 日本語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 京都大学
著者 必須
  1. 佐久間 亮([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.社会総合科学域.国際教養系.英語圏分野]/[徳島大学.総合科学部.社会総合科学科.国際教養コース])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(日) ヴィクトリア時代の労働者と自伝

副題 任意
要約 任意

(日) 19世紀中葉のイギリス社会における焦眉の急の課題は,階級形成過程にあった労働者をいかにミドル·クラスの文化的ヘゲモニー下に組み込み得るかであった.本論文では,労働者の手になる自叙伝を分析の素材として,この文化統合の鍵となるミドル·クラスの価値観が労働者にどの程度浸透していたのかを主に検討した.その結果,一面ではミドル·クラスの価値観への共鳴を示しつつも,それとの深刻な矛盾をはらんだ自伝著者達の多面的な自己像が浮かび上がってくるとともに,従来この時期のイギリス労働者の統合を論ずる際のキイ·タームとされてきた「労働貴族」概念の再検討の必要性を提唱することとなった.

キーワード 推奨
発行所 推奨 史学研究会
誌名 必須 (日) 史林 / (読) しりん
ISSN 任意
必須 71
必須 4
必須 39 72
都市 任意 京都(Kyoto/[日本国])
年月日 必須 1988年 7月 初日
URL 任意
DOI 任意
PMID 任意
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意