徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [宮崎 隆義]/「鏡」と「洞察の力」/[徳島大学総合科学部言語文化研究]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
65418
EOID
876924
Map
0
LastModified
2017年12月4日(月) 13:52:16
Operator
[ADMIN]
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
宮崎 隆義
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(紀要その他)
言語 必須 日本語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 徳島大学.総合科学部.人間社会学科(1993年4月1日〜)
著者 必須
  1. 宮崎 隆義([徳島大学.教養教育院])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) 'Mirror' and 'the art of Vision'

(日) 「鏡」と「洞察の力」

副題 任意

(英) George Eliot's Adam Bede

(日) Adam Bede 論

要約 任意

(日) 本論文は,G·EliotのAdam Bedeについて,主人公Adamの精神的成長を辿りつつ,作者Eliotが「鏡」に仮託した「洞察の力」の獲得の過程について考察しようとした.「鏡」のイメージに着目しつつ,主人公の目に映る虚像と実像の乖離の解消が精神的な試練として主人公に負わされたものであるとして位置づけ,そこに不可欠とされるものが「想像力」であるとし,主人公の「洞察の力」の獲得にとってDinahの存在が補完的な意味を持ち,作者の意図する新たな人間宗教を暗示していると論じた.

キーワード 推奨
  1. (英) George Eliot / (日) ジョージ エリオット / (読) じょーじ えりおっと
  2. (英) Adam Bede / (日) アダム ビード / (読) あだむ びーど
  3. (英) mirror / (日) 鏡 / (読) かがみ
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] 反射鏡 (mirror)
    [キーワード] 顕微鏡 (microscope)
    [キーワード] 透過電子顕微鏡法 (transmission electron microscopy)
    [キーワード] 内視鏡 (endoscope)
  4. (英) the art of vision / (日) 洞察の力 / (読) どうさつのちから
発行所 推奨 徳島大学.総合科学部(1986年4月22日〜)
誌名 必須 徳島大学総合科学部言語文化研究([徳島大学.総合科学部.人間社会学科.言語文化講座])
(resolved by 1340-5632)
ISSN: 1340-5632 (pISSN: 1340-5632)
Title: 言語文化研究
Supplier: 徳島大学
 (Webcat Plus (No Scopus information.)
(resolved by 2433-345X)
ISSN 任意
必須 3
必須
必須 1 12
都市 任意 徳島(Tokushima/[日本国])
年月日 必須 1996年 2月 初日
URL 任意
DOI 任意
PMID 任意
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
機関リポジトリ 357
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意