徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: 篠田 大/[佐藤 高則]/鮫島 達也/好熱性細菌無機ピロリン酸加水分解酵素のC末端領域の構造安定性への寄与/[生化学]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
65345
EOID
425047
Map
0
LastModified
2008年11月13日(木) 10:46:19
Operator
佐藤 高則
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
佐藤 高則
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 国内講演発表
言語 必須 日本語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨 研究
共著種別 推奨
学究種別 推奨 博士前期課程学生による研究報告
組織 推奨
  1. 青山学院大学.理工学部
著者 必須
  1. (日) 篠田 大 / (読) しのだ ひろし
    役割 任意 共著
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 佐藤 高則
    役割 任意 共著
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. (日) 鮫島 達也 / (読) さめじま たつや
    役割 任意 共著
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(日) 好熱性細菌無機ピロリン酸加水分解酵素のC末端領域の構造安定性への寄与

副題 任意
要約 任意

(日) 中等度好熱性細菌Bacillus stearothermophilus由来無機ピロリン酸加水分解酵素(Bst PPase)のC末端領域には多くのイオン性残基が存在する.しかしながら,その耐熱性への寄与については報告されていない.そこで本研究では,欠損および置換の手法により,これらの残基の検討を行った.その結果,C末端領域は構造安定性に寄与していたが,Arg159は不安定化因子であることが示唆された.

キーワード 推奨
発行所 推奨 日本生化学会
誌名 必須 生化学([日本生化学会])
(resolved by 0037-1017)
ISSN: 0037-1017 (pISSN: 0037-1017, eISSN: 2189-0544)
Title: Seikagaku. The Journal of Japanese Biochemical Society
Title(ISO): Seikagaku
Publisher: Nihon Seikagakkai/Japanese Biochemical Society
 (NLM Catalog  (医中誌Web  (Scopus (Scopus information is found. [need login])
(resolved by 2189-0544)
ISSN: 0037-1017 (pISSN: 0037-1017, eISSN: 2189-0544)
Title: Seikagaku. The Journal of Japanese Biochemical Society
Title(ISO): Seikagaku
Publisher: Nihon Seikagakkai/Japanese Biochemical Society
 (NLM Catalog  (医中誌Web  (Scopus (Scopus information is found. [need login])
ISSN 任意
必須 69
必須 7
必須 820 820
都市 必須 金沢(Kanazawa/[日本国])
年月日 必須 1997年 9月 25日
URL 任意
DOI 任意
PMID 任意
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意