徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

研究: [小原 繁]/[運動生理学]

ヘルプを読む

「研究」(教職員の個人毎の研究内容)は,教職員が行なっている研究を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
64029
EOID
749524
Map
0
LastModified
2014年10月1日(水) 17:05:12
Operator
三木 ちひろ
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[学科長]/[徳島大学.総合科学部.人間文化学科]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
研究者 必須 小原 繁
分野 必須
  1. 運動生理学(Exercise Physiology/[生理学])
テーマ 必須
  1. (日) 運動時の血圧応答

  2. (日) 中高年者の身体機能評価

  3. (日) 運動時のエネルギー代謝

要約 任意

(日) (1)運動によって心拍出量が増大する.しかし,抹消血管は拡張する.前者は血圧上昇作用を示し,後者は血圧降下作用を示す.運動時の血圧応答は心臓血管系の個人特性が含まれており,疾病予防として安全で効果的な運動のあり方を検討する上で重要な生体情報である.(2) 高齢化社会を乗り越える一つの方法が,高齢者自身の身体機能を良い状態に保ち,自立できる身体を保持することである.そのために日常生活活動と身体機能との関係を調べ,どの程度の身体機能水準を保てば,高齢者のQOLを低下させずに生活できるかを研究する.(3)運動によりエネルギー消費量は増大するが,代謝は運動強度と運動前の食事の内容によって変化する.この点について運動処方の立場から食事と運動強度の関係について研究する.

キーワード 推奨
  1. (日) 有酸素的運動
  2. (日) 収縮期血圧
  3. (日) 拡張期血圧
  4. (日) 血管機能
  5. (日) 心臓機能
  6. (日) 高齢者
  7. (日) 身体機能
  8. (日) 生活活動
  9. (日) 糖代謝
  10. (日) 脂肪代謝
  11. (日) 運動強度
共同研究 推奨
  1. (日) 高齢者のQOLを高める運動のあり方について

優先度 任意 2
備考 任意