徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: Hirsch, Francis/[石田 啓祐]/The Izanami Plateau: Pre-accretionary origin of Japan's low latitude Triassic pelagic carbonate/[Eclogae Geologicae Helvetiae]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
62285
EOID
879643
Map
0
LastModified
2017年12月14日(木) 13:24:48
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
石田 啓祐
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 徳島大学.総合科学部.自然システム学科.物質科学講座(〜2009年3月31日)
著者 必須
  1. (英) Hirsch, Francis
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 石田 啓祐
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) The Izanami Plateau: Pre-accretionary origin of Japan's low latitude Triassic pelagic carbonate

副題 任意
要約 任意

(日) コノドントと放散虫で解析された美濃-丹波-足尾帯,御荷鉾帯,秩父累帯の付加コンプレックス中の遠洋性炭酸塩岩の層序にみる履歴をもとに,それらの起源となった海山∼海台の形成過程を,ホットスポットとプレート運動の間連で解析し,日本列島のジュラ紀-白亜紀前期付加体に付加した三畳紀の遠洋性石灰岩の起源となる海台をイザナミ海台と命名した.イザナミ海台は揚子地塊より遙か離れた低緯度海域で形成され,コノドント動物群は太平洋型よりテーチス型であり,数種の固有種を伴う事を論じた.

キーワード 推奨
発行所 推奨 (英) Birkhauser Verlag AG, Basel
誌名 必須 Eclogae Geologicae Helvetiae(Geologischen Gesellschaft)
(pISSN: 0012-9402, eISSN: 1420-9128)
ISSN 任意 0012-9402
ISSN: 0012-9402 (pISSN: 0012-9402, eISSN: 1420-9128)
Title: Eclogae Geologicae Helvetiae
Publisher: Springer
 (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 95
必須 1
必須 43 55
都市 任意 (英) Basel
年月日 必須 2002年 5月 初日
URL 任意
DOI 任意
PMID 任意
CRID 任意
WOS 任意
Scopus 任意 2-s2.0-0036337544
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意