徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: 西村 寛/[濱田 治良]/マグニチュード推定法によるエビングハウス錯視と評価順序効果の検討/[徳島大学総合科学部人間科学研究]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
61652
EOID
877160
Map
0
LastModified
2017年12月4日(月) 13:54:38
Operator
[ADMIN]
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
[学科長]/[徳島大学.総合科学部.人間文化学科]
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(紀要その他)
言語 必須 日本語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 徳島大学.総合科学部.人間社会学科.行動科学講座
著者 必須
  1. (日) 西村 寛 / (読) にしむら ひろし
    役割 任意 共著
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 濱田 治良
    役割 任意 共著
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) An investigation of the Ebbinghaus illusion and evaluation-order effect based on magnitude estimation

(日) マグニチュード推定法によるエビングハウス錯視と評価順序効果の検討

副題 任意
要約 任意

(日) エビングハウス錯視と評価順序効果をマグニチュード推定法で測定した.エビングハウス図形は7種類の円を組み合わせて作成され,統制図形としての単一円も7種類であった.28名の被験者は中央円の見えの大きさを先に判断した後で周辺円の見えの大きさを判断した.他の28名の被験者はその逆順でそれらの円の見えの大きさを判断した.先行判断にはエビングハウス錯視が現れ,後続判断にはエビングハウス錯視と評価順序効果が合成されて現れた.エビングハウス錯視における過大視は過小視よりも大きく現れた.評価順序効果は中央円にのみ現れた.

キーワード 推奨
  1. (英) The Ebbinghaus illusion
  2. (英) evaluation-order effect
  3. (英) magnitude estimation
発行所 推奨 徳島大学.総合科学部(1986年4月22日〜)
誌名 必須 徳島大学総合科学部人間科学研究([徳島大学.総合科学部])
(pISSN: 0919-9810)
ISSN 任意 0919-9810
ISSN: 0919-9810 (pISSN: 0919-9810)
Title: 徳島大学総合科学部人間科学研究
Supplier: 徳島大学
 (Webcat Plus  (医中誌Web (No Scopus information.)
必須 7
必須 ---
必須 11 21
都市 任意 徳島(Tokushima/[日本国])
年月日 必須 1999年 12月 20日
URL 任意 http://ci.nii.ac.jp/naid/110000556048/
DOI 任意
PMID 任意
NAID 任意 110000556048
WOS 任意
Scopus 任意
機関リポジトリ 24880
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意