徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: Kushima Itaru/Nakatochi Masahiro/Aleksic Branko/Okada Takashi/Kimura Hiroki/Kato Hidekazu/Morikawa Mako/Inada Toshiya/Ishizuka Kanako/Torii Youta/Nakamura Yukako/Tanaka Satoshi/Imaeda Miho/Takahashi Nagahide/Yamamoto Maeri/Iwamoto Kunihiro/Nawa Yoshihiro/Ogawa Nanayo/Iritani Shuji/Hayashi Yu/Lo Tzuyao/Otgonbayar Gantsooj/Furuta Sho/Iwata Nakao/Ikeda Masashi/Saito Takeo/Ninomiya Kohei/Okochi Tomo/Hashimoto Ryota/Yamamori Hidenaga/Yasuda Yuka/Fujimoto Michiko/Miura Kenichiro/Itokawa Masanari/Arai Makoto/Miyashita Mitsuhiro/Toriumi Kazuya/Ohi Kazutaka/Shioiri Toshiki/Kitaichi Kiyoyuki/Someya Toshiyuki/Watanabe Yuichiro/Egawa Jun/Takahashi Tsutomu/Suzuki Michio/Sasaki Tsukasa/Tochigi Mamoru/Nishimura Fumichika/Yamasue Hidenori/Kuwabara Hitoshi/Wakuda Tomoyasu/Kato Takahiro A/Kanba Shigenobu/Horikawa Hideki/Usami Masahide/Kodaira Masaki/Watanabe Kyota/Yoshikawa Takeo/Toyota Tomoko/Yokoyama Shigeru/Munesue Toshio/Kimura Ryo/Funabiki Yasuko/Kosaka Hirotaka/Jung Minyoung/Kasai Kiyoto/Ikegame Tempei/Jinde Seiichiro/[沼田 周助]/[木下 誠]/Kato Tadafumi/Kakiuchi Chihiro/Yamakawa Kazuhiro/Suzuki Toshimitsu/Hashimoto Naoki/Ishikawa Shuhei/Yamagata Bun/Nio Shintaro/Murai Toshiya/Son Shuraku/Kunii Yasuto/Yabe Hirooki/Inagaki Masumi/Goto Yu-Ichi/Okumura Yuto/Ito Tomoya/Arioka Yuko/Mori Daisuke/Ozaki Norio/Cross-Disorder Analysis of Genic and Regulatory Copy Number Variations in Bipolar Disorder, Schizophrenia, and Autism Spectrum Disorder./[Biological Psychiatry]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
396300
EOID
1073933
Map
0
LastModified
2023年5月15日(月) 11:36:39
Operator
沼田 周助
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
沼田 周助
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. (英) Kushima Itaru
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (英) Nakatochi Masahiro
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. (英) Aleksic Branko
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. (英) Okada Takashi
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. (英) Kimura Hiroki
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. (英) Kato Hidekazu
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. (英) Morikawa Mako
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. (英) Inada Toshiya
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  9. (英) Ishizuka Kanako
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  10. (英) Torii Youta
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  11. (英) Nakamura Yukako
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  12. (英) Tanaka Satoshi
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  13. (英) Imaeda Miho
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  14. (英) Takahashi Nagahide
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  15. (英) Yamamoto Maeri
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  16. (英) Iwamoto Kunihiro
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  17. (英) Nawa Yoshihiro
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  18. (英) Ogawa Nanayo
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  19. (英) Iritani Shuji
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  20. (英) Hayashi Yu
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  21. (英) Lo Tzuyao
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  22. (英) Otgonbayar Gantsooj
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  23. (英) Furuta Sho
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  24. (英) Iwata Nakao
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  25. (英) Ikeda Masashi
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  26. (英) Saito Takeo
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  27. (英) Ninomiya Kohei
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  28. (英) Okochi Tomo
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  29. (英) Hashimoto Ryota
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  30. (英) Yamamori Hidenaga
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  31. (英) Yasuda Yuka
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  32. (英) Fujimoto Michiko
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  33. (英) Miura Kenichiro
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  34. (英) Itokawa Masanari
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  35. (英) Arai Makoto
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  36. (英) Miyashita Mitsuhiro
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  37. (英) Toriumi Kazuya
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  38. (英) Ohi Kazutaka
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  39. (英) Shioiri Toshiki
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  40. (英) Kitaichi Kiyoyuki
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  41. (英) Someya Toshiyuki
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  42. (英) Watanabe Yuichiro
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  43. (英) Egawa Jun
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  44. (英) Takahashi Tsutomu
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  45. (英) Suzuki Michio
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  46. (英) Sasaki Tsukasa
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  47. (英) Tochigi Mamoru
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  48. (英) Nishimura Fumichika
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  49. (英) Yamasue Hidenori
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  50. (英) Kuwabara Hitoshi
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  51. (英) Wakuda Tomoyasu
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  52. (英) Kato Takahiro A
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  53. (英) Kanba Shigenobu
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  54. (英) Horikawa Hideki
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  55. (英) Usami Masahide
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  56. (英) Kodaira Masaki
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  57. (英) Watanabe Kyota
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  58. (英) Yoshikawa Takeo
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  59. (英) Toyota Tomoko
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  60. (英) Yokoyama Shigeru
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  61. (英) Munesue Toshio
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  62. (英) Kimura Ryo
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  63. (英) Funabiki Yasuko
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  64. (英) Kosaka Hirotaka
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  65. (英) Jung Minyoung
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  66. (英) Kasai Kiyoto
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  67. (英) Ikegame Tempei
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  68. (英) Jinde Seiichiro
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  69. 沼田 周助([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.内科系.精神医学]/[徳島大学.病院.診療科.脳·神経·精神科.精神科神経科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  70. 木下 誠
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  71. (英) Kato Tadafumi
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  72. (英) Kakiuchi Chihiro
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  73. (英) Yamakawa Kazuhiro
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  74. (英) Suzuki Toshimitsu
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  75. (英) Hashimoto Naoki
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  76. (英) Ishikawa Shuhei
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  77. (英) Yamagata Bun
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  78. (英) Nio Shintaro
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  79. (英) Murai Toshiya
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  80. (英) Son Shuraku
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  81. (英) Kunii Yasuto
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  82. (英) Yabe Hirooki
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  83. (英) Inagaki Masumi
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  84. (英) Goto Yu-Ichi
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  85. (英) Okumura Yuto
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  86. (英) Ito Tomoya
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  87. (英) Arioka Yuko
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  88. (英) Mori Daisuke
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  89. (英) Ozaki Norio
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Cross-Disorder Analysis of Genic and Regulatory Copy Number Variations in Bipolar Disorder, Schizophrenia, and Autism Spectrum Disorder.

副題 任意
要約 任意

(英) BD and SCZ/ASD differ in terms of CNV burden, characteristics of CNVs linked to neurodevelopmental disorders, and regulatory CNVs. On the other hand, they have shared molecular mechanisms, including chromatin biology. The BD risk genes identified here could provide insight into the pathogenesis of BD.

(日) In genic CNVs, we found an increased burden of smaller (<100 kb) exonic deletions in BD, which contrasted with the highest burden of larger (>500 kb) exonic CNVs in SCZ/ASD. Pathogenic CNVs linked to neurodevelopmental disorders were significantly associated with the risk for each disorder, but BD and SCZ/ASD differed in terms of the effect size (smaller in BD) and subtype distribution of CNVs linked to neurodevelopmental disorders. We identified 3 synaptic genes (DLG2, PCDH15, and ASTN2) as risk factors for BD. Whereas gene set analysis showed that BD-associated pathways were restricted to chromatin biology, SCZ and ASD involved more extensive and similar pathways. Nevertheless, a correlation analysis of gene set results indicated weak but significant pathway similarities between BD and SCZ or ASD (r = 0.25-0.31). In SCZ and ASD, but not BD, CNVs were significantly enriched in enhancers and promoters in brain tissue.

キーワード 推奨
  1. (英) Autism Spectrum Disorder
  2. (英) Bipolar Disorder
  3. (英) Chromatin
  4. (英) DNA Copy Number Variations
  5. (英) Genetic Predisposition to Disease
  6. (英) Genome-Wide Association Study
  7. (英) Humans
  8. 統合失調症(schizophrenia)
発行所 推奨
誌名 必須 Biological Psychiatry([Society of Biological Psychiatry])
(pISSN: 0006-3223, eISSN: 1873-2402)
ISSN 任意 1873-2402
ISSN: 0006-3223 (pISSN: 0006-3223, eISSN: 1873-2402)
Title: Biological psychiatry
Title(ISO): Biol Psychiatry
Publisher: Elsevier Inc.
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 92
必須 5
必須 362 374
都市 任意
年月日 必須 2022年 4月 22日
URL 任意
DOI 任意 10.1016/j.biopsych.2022.04.003    (→Scopusで検索)
PMID 任意 35667888    (→Scopusで検索)
CRID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) PublicationType: Journal Article

  2. (英) PublicationType: Research Support, Non-U.S. Gov't