徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [卲 文華]/[常松 貴明]/Umeda Masaaki/Tawara Hiroaki/[藤原 奈津美]/[毛利 安宏]/[新垣 理恵子]/[石丸 直澄]/[工藤 保誠]/Cancer cell-derived novel periostin isoform promotes invasion in head and neck squamous cell carcinoma./[Cancer Medicine]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
394012
EOID
1067409
Map
0
LastModified
2023年2月15日(水) 16:02:53
Operator
工藤 保誠
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
工藤 保誠
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. 卲 文華([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.先端基礎医学教育研究プロジェクト]/[徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.病理系.分子病理学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  2. 常松 貴明([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.基礎歯学系.口腔分子病態学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. (英) Umeda Masaaki
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. (英) Tawara Hiroaki
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. 藤原 奈津美([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.口腔保健学系.口腔保健医療管理学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. 毛利 安宏([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.基礎歯学系.口腔生命科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. 新垣 理恵子
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. 石丸 直澄([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.基礎歯学系.口腔分子病態学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  9. 工藤 保誠([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.基礎歯学系.口腔生命科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Cancer cell-derived novel periostin isoform promotes invasion in head and neck squamous cell carcinoma.

副題 任意
要約 任意

(英) It recently has been reported that partial-epithelial-mesenchymal transition (p-EMT) program is associated with metastasis in head and neck squamous cell carcinoma (HNSCC). We previously have identified POSTN (which encodes periostin) as an invasion-promoting molecule in HNSCC. Interestingly, POSTN expression is frequently observed in cancer cells with higher p-EMT score by using a previous single-cell transcriptomic data of HNSCC cases. Although it is known that POSTN has 11 splicing variants, the role of them has not been determined in HNSCC. Here, we found that HNSCC cells with EMT features expressed POSTN isoforms, Iso3 (lacking exon 17 and 21) and Iso5 (lacking exon 17), whereas fibroblast expressed Iso3 and Iso4 (lacking exon 17, 18, and 21). The expression of POSTN Iso3 and Iso4 are known to be widely observed in various cell types including stromal cells. Therefore, we focused on the role of novel cancer cell-derived POSTN isoform, Iso5, in HNSCC. Single overexpression of POSTN Iso5 as well as Iso3 promoted invasion. Surprisingly, Iso5 synergistically promoted invasion together with Iso3. Notably, Iso5 as well as Iso3 upregulated p-EMT-related genes. We suggest that a novel cancer-specific POSTN isoform lacking exon 17 (Iso5) can be a useful marker for detecting cancer cells undergoing p-EMT. Moreover, a POSTN Iso5 can be a novel target for diagnosis and therapy in HNSCC.

キーワード 推奨
発行所 推奨
誌名 必須 Cancer Medicine(American Cancer Society/Union for International Cancer Control/[日本癌学会])
(eISSN: 2045-7634)
ISSN 任意 2045-7634
ISSN: 2045-7634 (eISSN: 2045-7634)
Title: Cancer medicine
Title(ISO): Cancer Med
Publisher: John Wiley and Sons Ltd
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須
必須
必須
都市 任意
年月日 必須 2023年 1月 23日
URL 任意
DOI 任意 10.1002/cam4.5601    (→Scopusで検索)
PMID 任意 36691359    (→Scopusで検索)
CRID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) PublicationType: Journal Article