徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: 八木 清/木島 和也/[手束 文威]/[森本 雅俊]/[山下 一太]/[髙田 洋一郎]/[酒井 紀典]/[前田 徹]/[藤谷 順三]/[西良 浩一]/A Technical Pitfall of Decompression with Direct Repair of a Ragged Edge Using the Smiley-Face Rod Method : A Case Report./[The Journal of Medical Investigation : JMI]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
393934
EOID
1075055
Map
0
LastModified
2023年5月24日(水) 10:14:27
Operator
三木 ちひろ
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
西良 浩一
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. (英) Yagi Kiyoshi / (日) 八木 清
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (英) Kishima Kazuya / (日) 木島 和也
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 手束 文威([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.先端医学教育研究プロジェクト]/[徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.外科系.運動機能外科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 森本 雅俊([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.連携研究部門(医学域).寄附講座系(医学域).脊椎関節機能再建外科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. 山下 一太([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.連携研究部門(医学域).寄附講座系(医学域).地域運動器・スポーツ医学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. 髙田 洋一郎
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. 酒井 紀典([徳島大学.病院.中央診療施設等.高度先進整形外科診療部])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. 前田 徹
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  9. 藤谷 順三([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.連携研究部門(医学域).寄附講座系(医学域).地域運動器・スポーツ医学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  10. 西良 浩一([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.外科系.運動機能外科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) A Technical Pitfall of Decompression with Direct Repair of a Ragged Edge Using the Smiley-Face Rod Method : A Case Report.

副題 任意
要約 任意

(英) The smiley-face rod method has been reported to be a successful technique for reducing slippage and repairing pars defects in lumbar spondylolisthesis. However, we encountered a patient who developed right L5 radiculopathy with muscle weakness after use of the smiley-face rod method. The patient was a 19-year-old female judo player who had undergone direct repair surgery using the smiley-face rod method for terminal-stage lumbar spondylolysis. Postoperatively, she developed paresthesia on the lateral side of the right thigh with weakness of the right tibialis anterior and extensor hallucis longus. Computed tomography showed right foraminal stenosis at L5 with the floating lamina shifted ventrally and apophyseal ring fracture. In this case, the spondylolysis fracture angle differed between the left and right sides, with the fracture line on the right side running more sagittally. As a result, the floating lamina was shifted ventrally on the right side by compression and the right L5 intervertebral foraminal space was narrowed due to the ventral shift in the floating lamina and the apophyseal ring bone fragment. The shape of the fracture line should be examined carefully before surgery to avoid this technical pitfall. J. Med. Invest. 69 : 308-311, August, 2022.

キーワード 推奨
  1. (英) Adult
  2. (英) Decompression
  3. 女性(female)
  4. (英) Humans
  5. (英) Lumbar Vertebrae
  6. (英) Radiculopathy
  7. (英) Spondylolisthesis
  8. (英) Spondylolysis
  9. (英) Young Adult
発行所 推奨
誌名 必須 The Journal of Medical Investigation : JMI([徳島大学.医学部])
(pISSN: 1343-1420, eISSN: 1349-6867)
ISSN 任意 1349-6867
ISSN: 1343-1420 (pISSN: 1343-1420, eISSN: 1349-6867)
Title: The journal of medical investigation : JMI
Title(ISO): J Med Invest
Supplier: 徳島大学
Publisher: University of Tokushima
 (NLM Catalog  (Webcat Plus  (医中誌Web  (J-STAGE  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 69
必須 3.4
必須 308 311
都市 任意
年月日 必須 2022年 8月 初日
URL 任意
DOI 任意 10.2152/jmi.69.308    (→Scopusで検索)
PMID 任意 36244786    (→Scopusで検索)
CRID 任意
WOS 任意
Scopus 任意 2-s2.0-85139887172
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) PublicationType: Case Reports

  2. (英) PublicationType: Journal Article