徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: 日浅 早紀/[川合 暢彦]/[堀内 信也]/[田中 栄二]/[伊賀 弘起]/咬合不良の小児患者における口腔機能障害の特徴/[Journal of Oral Health and Biosciences]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
392006
EOID
1059443
Map
0
LastModified
2022年9月21日(水) 15:39:03
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
田中 栄二
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 日本語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨 研究
共著種別 推奨 学内共著(徳島大学内研究者との共同研究 (学外研究者を含まない))
学究種別 推奨 博士前期課程学生による研究報告
組織 推奨
  1. 徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.口腔保健学系.口腔保健教育学(2015年4月1日〜)
  2. 徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.臨床歯学系.口腔顎顔面矯正学(2015年4月1日〜)
  3. 徳島大学.病院(2003年10月1日〜)
  4. 徳島大学.病院.診療支援部
  5. 徳島大学.歯学部.口腔保健学科.口腔保健基礎学講座(2007年4月1日〜)
  6. 徳島大学.歯学部.歯学科.発達育成系臨床歯学講座.口腔顎顔面矯正学
著者 必須
  1. (英) Saitoh Saki / (日) 日浅 早紀 / (読) ひあさ さき
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  2. 川合 暢彦
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 堀内 信也([徳島大学.病院.診療科.矯正歯科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 田中 栄二([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.臨床歯学系.口腔顎顔面矯正学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. 伊賀 弘起([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.口腔保健学系.口腔保健教育学]/[徳島大学.歯学部.口腔保健学科.口腔保健基礎学講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Characteristics of Oral Dysfunction in Pediatric Patients with Malocclusion

(日) 咬合不良の小児患者における口腔機能障害の特徴

副題 任意
要約 任意

(英) To clarify the characteristics of oral dysfunction in pediatric patients with malocclusion, we compared oral function between individuals with normal occlusion and those with malocclusion.A total of 108 participants, including 41 boys and 67 girls (mean age ± standard deviation, 9.4 ± 2.2 years), were recruited from outpatients who visited the Departments of Orthodontics and Pediatric Dentistry of Tokushima University Hospital. They were classified according to their occlusal status into normal occlusion, crowding, maxillary protrusion, mandibular protrusion, open bite, and others.This study revealed that patients with malocclusion had more functional problems (e.g. tongue thrust, low tongue posture and another oral habits) than subjects with normal occlusion and that the functional problems were associated with various types of malocclusion. Especially, patients with open bite showed the characteristic features of oral function and their maximum lip closure force was significantly weaker than that of subjects with normal occlusion (p < 0.05).We found the characteristic features of oral dysfunction in each malocclusion. It is thought that it is necessary to make an individual training program to the characteristic feature of oral function.

キーワード 推奨
  1. (日) 口腔機能異常
  2. (日) 不正咬合
  3. (日) 矯正歯科治療
  4. (日) 口腔筋機能療法
発行所 推奨
誌名 必須 Journal of Oral Health and Biosciences([四国歯学会])
(pISSN: 2188-7888, eISSN: 2189-6682)
ISSN 任意 2189-6682
ISSN: 2188-7888 (pISSN: 2188-7888, eISSN: 2189-6682)
Title: Journal of Oral Health and Biosciences
Supplier: 四国歯学会
 (医中誌Web  (J-STAGE (No Scopus information.)
必須 35
必須 1
必須 1 8
都市 任意
年月日 必須 2022年 9月 14日
URL 任意
DOI 任意 10.20738/johb.35.1_1    (→Scopusで検索)
PMID 任意
CRID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意