徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [友成 哲]/Tani Joji/[佐藤 康史]/[田中 宏典]/[田中 貴大]/[谷口 達哉]/Morishita Akihiro/[岡本 耕一]/[曽我部 正弘]/[宮本 弘志]/[六車 直樹]/Masaki Tsutomu/[高山 哲治]/Initial therapeutic results of atezolizumab plus bevacizumab for unresectable advanced hepatocellular carcinoma and the importance of hepatic functional reserve./[Cancer Medicine]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
389441
EOID
1069057
Map
0
LastModified
2023年3月2日(木) 11:35:32
Operator
高山 哲治
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
高山 哲治
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. 友成 哲([徳島大学.病院.先端医科医療開発研究プロジェクト]/[徳島大学.病院.診療科.内科.消化器内科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (英) Tani Joji
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 佐藤 康史([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.連携研究部門(医学域).寄附講座系(医学域).地域消化器・総合内科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 田中 宏典([徳島大学.病院.診療科.内科.消化器内科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. 田中 貴大
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. 谷口 達哉
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. (英) Morishita Akihiro
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. 岡本 耕一([徳島大学.病院.診療科.内科.消化器内科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  9. 曽我部 正弘([徳島大学.キャンパスライフ健康支援センター])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  10. 宮本 弘志([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.内科系.消化器内科学]/[徳島大学.病院.診療科.内科.消化器内科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  11. 六車 直樹
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  12. (英) Masaki Tsutomu
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  13. 高山 哲治([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.内科系.消化器内科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Initial therapeutic results of atezolizumab plus bevacizumab for unresectable advanced hepatocellular carcinoma and the importance of hepatic functional reserve.

副題 任意
要約 任意

(英) We analyzed the association between the modified albumin-bilirubin (mALBI) grade and therapeutic efficacy of atezolizumab plus bevacizumab (Atezo+Bev) for the treatment of unresectable hepatocellular carcinoma (u-HCC). In this retrospective observational study, we included 71 u-HCC patients treated with Atezo+Bev between September 2020 and September 2021. Patients were grouped corresponding to the mALBI grade at the start of treatment (mALBI 1+2a or mALBI 2b+3) and analyzed for therapeutic effect and the transition rate to secondary treatment. According to the Response Evaluation Criteria in Solid Tumors, the overall response rate was significantly higher for the mALBI 1+2a group, than for the mALBI 2b+3 group, with 26.2% and 3.4%, respectively. The progression-free survival (PFS) was significantly longer in the mALBI 1+2a group (10.5 months) than in the mALBI 2b+3 group (3.0 months). In the multivariate analysis, an mALBI of 1+2a was found to be an independent factor of PFS. The rate of second-line treatment with multi-targeted agents was also significantly higher in the mALBI 1+2a group. In real-world practice, Atezo+Bev treatment might have higher therapeutic efficacy in u-HCC patients with mALBI 1+2a.

キーワード 推奨
発行所 推奨
誌名 必須 Cancer Medicine(American Cancer Society/Union for International Cancer Control/[日本癌学会])
(eISSN: 2045-7634)
ISSN 任意 2045-7634
ISSN: 2045-7634 (eISSN: 2045-7634)
Title: Cancer medicine
Title(ISO): Cancer Med
Publisher: John Wiley and Sons Ltd
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 12
必須 3
必須 2646 2657
都市 任意
年月日 必須 2023年 2月 初日
URL 任意
DOI 任意 10.1002/cam4.5145    (→Scopusで検索)
PMID 任意 35964253    (→Scopusで検索)
CRID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) Article.ELocationID: 10.1002/cam4.5145

  2. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Journal Article

  3. (英) KeywordList.Keyword: atezolizumab

  4. (英) KeywordList.Keyword: bevacizumab

  5. (英) KeywordList.Keyword: hepatocellular carcinoma