徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: Ikegami Taro/Kise Norimoto/Kinjyo Hidetoshi/Kondo Shunsuke/Suzuki Mikio/Tsukahara Narutoshi/[村上 明一]/Kiyuna Asanori/Agena Shinya/Tanaka Katsunori/Hasegawa Narumi/Kawakami Junko/Ganaha Akira/Maeda Hiroyuki/Hirakawa Hitoshi/Development of Antibodies against HPV-6 and HPV-11 for the Study of Laryngeal Papilloma./[Viruses]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
388411
EOID
1051275
Map
0
LastModified
2022年8月8日(月) 13:43:39
Operator
村上 明一
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
村上 明一
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. (英) Ikegami Taro
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (英) Kise Norimoto
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. (英) Kinjyo Hidetoshi
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. (英) Kondo Shunsuke
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. (英) Suzuki Mikio
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. (英) Tsukahara Narutoshi
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. 村上 明一([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.基礎歯学系.口腔微生物学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. (英) Kiyuna Asanori
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  9. (英) Agena Shinya
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  10. (英) Tanaka Katsunori
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  11. (英) Hasegawa Narumi
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  12. (英) Kawakami Junko
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  13. (英) Ganaha Akira
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  14. (英) Maeda Hiroyuki
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  15. (英) Hirakawa Hitoshi
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Development of Antibodies against HPV-6 and HPV-11 for the Study of Laryngeal Papilloma.

副題 任意
要約 任意

(英) mRNA expression. Other head and neck lesions with HPV-11 infection also showed a positive reaction in E4 immunohistochemistry. The distribution pattern of HPV DNA, viral mRNA, and E4 protein in LP with HPV-11 infection was quite similar to that of HPV-6. Therefore, it might be possible to apply these E4-specific antibodies in other functional studies as well as clinical applications, including targeted molecular therapies in patients with HPV-6 and HPV-11 infection.

キーワード 推奨
  1. (英) Antibodies, Viral
  2. (英) DNA, Viral
  3. (英) Human papillomavirus 11
  4. (英) Human papillomavirus 6
  5. (英) Humans
  6. (英) Immunohistochemistry
  7. (英) In Situ Hybridization
  8. (英) Laryngeal Neoplasms
  9. (英) Papilloma
  10. (英) Papillomavirus Infections
  11. (英) RNA, Messenger
  12. (英) Viral Load
発行所 推奨
誌名 必須 Viruses(Molecular Diversity Preservation International/Multidisciplinary Digital Publishing Institute)
(eISSN: 1999-4915)
ISSN 任意 1999-4915
ISSN: 1999-4915 (eISSN: 1999-4915)
Title: Viruses
Title(ISO): Viruses
Publisher: Multidisciplinary Digital Publishing Institute (MDPI)
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 13
必須 10
必須
都市 任意
年月日 必須 2021年 10月 7日
URL 任意
DOI 任意 10.3390/v13102024    (→Scopusで検索)
PMID 任意 34696453    (→Scopusで検索)
CRID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) PublicationType: Journal Article

  2. (英) PublicationType: Research Support, Non-U.S. Gov't