徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: Sako Masahiro/[軒原 浩]/Kondo Kensuke/[三橋 惇志]/[尾崎 領彦]/Yabuki Yohei/[阿部 あかね]/[米田 浩人]/[荻野 広和]/[大塚 憲司]/[上原 久典]/[西岡 安彦]/A case of pulmonary pleomorphic carcinoma with preexisting interstitial pneumonia successfully treated with pembrolizumab./[Thoracic Cancer]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
387238
EOID
1049213
Map
0
LastModified
2022年7月26日(火) 13:40:03
Operator
西岡 安彦
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
西岡 安彦
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. (英) Sako Masahiro
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 軒原 浩
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. (英) Kondo Kensuke
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 三橋 惇志([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.連携研究部門(医学域).寄附講座系(医学域).地域総合医療学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. 尾崎 領彦([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.内科系.呼吸器・膠原病内科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  6. (英) Yabuki Yohei
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  7. 阿部 あかね([徳島大学.病院.中央診療施設等.感染制御部])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. 米田 浩人([徳島大学.病院.診療科.内科.呼吸器・膠原病内科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  9. 荻野 広和([徳島大学.病院.先端医科医療開発研究プロジェクト]/[徳島大学.病院.診療科.内科.呼吸器・膠原病内科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  10. 大塚 憲司
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  11. 上原 久典([徳島大学.病院.中央診療施設等.病理部])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  12. 西岡 安彦([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.内科系.呼吸器・膠原病内科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) A case of pulmonary pleomorphic carcinoma with preexisting interstitial pneumonia successfully treated with pembrolizumab.

副題 任意
要約 任意

(英) Pulmonary pleomorphic carcinoma is often refractory to chemotherapy and follows an aggressive clinical course. Immune checkpoint inhibitors (ICIs) have revolutionized the treatment of advanced lung cancer, and a few cases with pleomorphic carcinoma have been reported to show tumor shrinkage after therapy with ICIs. When treating patients with ICIs, patient selection is essential, and monitoring and management of immune-related adverse events, including pneumonitis, are needed. We herein report a case of pulmonary pleomorphic carcinoma with preexisting interstitial pneumonia treated with pembrolizumab, antiprogrammed cell death 1 antibody. Our report highlights important considerations necessary when treating advanced pleomorphic carcinoma patients complicated with interstitial pneumonia. We also review the literature regarding the use of ICIs in such patients.

キーワード 推奨
  1. (英) Aged
  2. (英) Antibodies, Monoclonal, Humanized
  3. (英) Carcinoma, Non-Small-Cell Lung
  4. (英) Humans
  5. (英) Immune Checkpoint Inhibitors
  6. (英) Lung Diseases, Interstitial
  7. (英) Lung Neoplasms
  8. 男性(male)
発行所 推奨
誌名 必須 Thoracic Cancer(Zhongguo kang ai xie hui Fei ai zhuan ye wei yuan hui/International Chinese Society of Thoracic Surgery/Tianjin Shi fei ai yan jiu suo)
(pISSN: 1759-7706, eISSN: 1759-7714)
ISSN 任意 1759-7714
ISSN: 1759-7706 (pISSN: 1759-7706, eISSN: 1759-7714)
Title: Thoracic cancer
Title(ISO): Thorac Cancer
Publisher: Blackwell Publishing Asia Pty Ltd
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 13
必須 1
必須 129 132
都市 任意
年月日 必須 2021年 12月 3日
URL 任意
DOI 任意 10.1111/1759-7714.14243    (→Scopusで検索)
PMID 任意 34859591    (→Scopusで検索)
CRID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) PublicationType: Case Reports