徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [米田 浩人]/[軒原 浩]/[三橋 惇志]/[尾崎 領彦]/矢葺 洋平/[荻野 広和]/[大塚 憲司]/[西岡 安彦]/Correlation between immune-related adverse events and therapeutic effects of nivolumab in patients with malignant pleural mesothelioma./[BMC Pulmonary Medicine]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
387235
EOID
1051131
Map
0
LastModified
2022年8月7日(日) 21:06:22
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
西岡 安彦
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. 米田 浩人([徳島大学.病院.診療科.内科.呼吸器・膠原病内科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  2. 軒原 浩
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 三橋 惇志([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.連携研究部門(医学域).寄附講座系(医学域).地域総合医療学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 尾崎 領彦([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.内科系.呼吸器・膠原病内科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  5. (英) Yabuki Yohei / (日) 矢葺 洋平
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  6. 荻野 広和([徳島大学.病院.先端医科医療開発研究プロジェクト]/[徳島大学.病院.診療科.内科.呼吸器・膠原病内科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. 大塚 憲司
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. 西岡 安彦([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.内科系.呼吸器・膠原病内科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Correlation between immune-related adverse events and therapeutic effects of nivolumab in patients with malignant pleural mesothelioma.

副題 任意
要約 任意

(英) This is the first study to report the correlation between irAEs and therapeutic effects in patients with MPM. Because the presence of irAEs may be associated with a favorable clinical outcome, early detection and appropriate management of irAEs will increase the therapeutic benefits to patients.

(日) Eleven patients received treatment with nivolumab. Objective response rate was 18.2% and the disease control rate was 90.9%. Median PFS was 6.8 months (95% confidence interval, 1.3 to 11.9 months) and median OS was 15.2 months (95% confidence interval, 8.9 to 21.5 months). IrAEs occurred in eight patients (72.7%), and grade ≥ 2 irAEs occurred in six patients (54.5%). PFS and OS were significantly longer in the grade ≥ 2 irAEs group than in grade < 2 irAEs group (median PFS 13.6 vs. 3.8 months, p = 0.0093; median OS not reached vs. 8.6 months, p = 0.0108).

キーワード 推奨
  1. (英) Aged
  2. (英) Aged, 80 and over
  3. (英) Antineoplastic Agents, Immunological
  4. 女性(female)
  5. (英) Humans
  6. (英) Immune System Diseases
  7. (英) Male
  8. (英) Mesothelioma, Malignant
  9. (英) Middle Aged
  10. (英) Nivolumab
  11. (英) Retrospective Studies
  12. (英) Survival Analysis
  13. (英) Treatment Outcome
発行所 推奨
誌名 必須 BMC Pulmonary Medicine([BioMed Central Ltd.])
(eISSN: 1471-2466)
ISSN 任意 1471-2466
ISSN: 1471-2466 (eISSN: 1471-2466)
Title: BMC pulmonary medicine
Title(ISO): BMC Pulm Med
Publisher: BioMed Central
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 21
必須 1
必須 ---
都市 任意
年月日 必須 2021年 11月 15日
URL 任意
DOI 任意 10.1186/s12890-021-01746-6    (→Scopusで検索)
PMID 任意 34781910    (→Scopusで検索)
CRID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) PublicationType: Journal Article