徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [LIU YAO]/[加納 史也]/[橋本 登]/[夏 霖泽]/Zhou Qiao/Feng Xingmei/Hibi Hideharu/[宮嵜 彩]/[岩本 勉]/[松香 芳三]/Zhang Zhijun/[田中 栄二]/[山本 朗仁]/Conditioned Medium From the Stem Cells of Human Exfoliated Deciduous Teeth Ameliorates Neuropathic Pain in a Partial Sciatic Nerve Ligation Model./[Frontiers in Pharmacology]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
386834
EOID
1053485
Map
0
LastModified
2022年8月16日(火) 11:17:40
Operator
山本 朗仁
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
田中 栄二
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 徳島大学.口腔科学研究科.口腔科学専攻.口腔健康科学講座.口腔顎顔面矯正学(2004年4月1日〜)
  2. 徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.基礎歯学系.組織再生制御学(2015年4月1日〜)
  3. 徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.臨床歯学系.口腔顎顔面矯正学(2015年4月1日〜)
著者 必須
  1. LIU YAO([徳島大学.口腔科学研究科.口腔科学専攻.口腔健康科学講座.口腔顎顔面矯正学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  2. 加納 史也([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.先端歯学教育研究プロジェクト]/[徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.基礎歯学系.組織再生制御学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 橋本 登([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.先端歯学教育研究プロジェクト]/[徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.基礎歯学系.組織再生制御学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 夏 霖泽([徳島大学.口腔科学研究科.口腔科学専攻.口腔健康科学講座.口腔顎顔面矯正学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  5. (英) Zhou Qiao
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. (英) Feng Xingmei
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. (英) Hibi Hideharu
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. 宮嵜 彩
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  9. 岩本 勉
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  10. 松香 芳三([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.臨床歯学系.顎機能咬合再建学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  11. (英) Zhang Zhijun
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  12. 田中 栄二([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.臨床歯学系.口腔顎顔面矯正学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  13. 山本 朗仁([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.基礎歯学系.組織再生制御学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Conditioned Medium From the Stem Cells of Human Exfoliated Deciduous Teeth Ameliorates Neuropathic Pain in a Partial Sciatic Nerve Ligation Model.

副題 任意
要約 任意

(英) In neuropathic pain (NP), injury or diseases of the somatosensory system often result in highly debilitating chronic pain. Currently, there is no effective drug for the complete and definitive treatment of NP. We investigated the therapeutic potential of conditioned medium (CM) derived from stem cells from human exfoliated deciduous teeth (SHED-CM) against NP using a mouse partial sciatic nerve ligation (PSL) model. Abnormal pain sensation, such as tactile allodynia and hyperalgesia, can be caused by PSL. In the behavioral test, intravenous administration of SHED-CM greatly improved the PSL-induced hypersensitivity. We found that treatment with SHED-CM resulted in the recruitment of M2 macrophages in the injured sciatic nerve and ipsilateral L4/L5 dorsal root ganglion and suppressed microglial activation in the spinal cord. Notably, specific depletion of the anti-inflammatory M2 macrophages by mannosylated-Clodrosome markedly reduced the antinociceptive effect of SHED-CM. Intravenous administration of CM from M2 induced by SHED-CM (M2-CM) ameliorated the PSL-induced hypersensitivity. We found that M2-CM directly suppressed the expression of nociceptive receptors as well as proinflammatory mediators in Schwann cells. Taken together, our data suggest that SHED-CM ameliorates NP through the induction of the analgesic anti-inflammatory M2 macrophages. Thus, SHED-CM may be a novel therapeutic candidate for NP.

キーワード 推奨
発行所 推奨
誌名 必須 Frontiers in Pharmacology(Frontiers Media)
(eISSN: 1663-9812)
ISSN 任意 1663-9812
ISSN: 1663-9812 (eISSN: 1663-9812)
Title: Frontiers in pharmacology
Title(ISO): Front Pharmacol
Publisher: Frontiers Media SA
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 13
必須 ---
必須 745020 745020
都市 任意
年月日 必須 2022年 3月 31日
URL 任意
DOI 任意 10.3389/fphar.2022.745020    (→Scopusで検索)
PMID 任意 35431971    (→Scopusで検索)
CRID 任意
WOS 任意
Scopus 任意 2-s2.0-85128452809
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) PublicationType: Journal Article