徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [中野 晋]/[蒋 景彩]/[上月 康則]/逢初川上流部での地形改変と土石流発生との関連性/河川技術論文集

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
385840
EOID
1062343
Map
0
LastModified
2022年11月16日(水) 14:23:56
Operator
三好 小文
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
中野 晋
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 日本語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨 研究
共著種別 推奨 学内共著(徳島大学内研究者との共同研究 (学外研究者を含まない))
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 徳島大学.環境防災研究センター(2004年4月1日〜)
著者 必須
  1. 中野 晋([徳島大学.環境防災研究センター]/[徳島大学.環境防災研究センター.防災研究部門]/[徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.防災科学講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 蒋 景彩([徳島大学.環境防災研究センター.防災研究部門]/[徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.防災科学講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 上月 康則(徳島大学.環境防災研究センター.教授/徳島大学.環境防災研究センター.センター長)
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) RELATIONSHIP BETWEEN TOPOGRAPHICAL CHANGES AND DEBRIS FLOW OCCURRENCE IN THE UPPER REACHES OF THE AIZOME RIVER

(日) 逢初川上流部での地形改変と土石流発生との関連性

副題 任意
要約 任意

(日) 令和3年7月に熱海市の逢初川源頭部で大規模盛土が崩壊し,深刻な土石流災害が発生した.逢初川源頭部付近で複数行われた地形改変に注目し,これらの地形改変が流出過程に及ぼした影響について数値解析により検討した.地形改変前と後の地形データを用いて令和3年7月豪雨時の雨水流出過程を計算し,逢初川源頭部付近の断面通過水量の比較を行った.その結果,尾根部を削って谷を埋めるなどの宅地造成に伴う地形改変の結果,北側を流れる鳴沢川流域から多量の雨水が逢初川側に流入し,盛土末端部では地形改変前の4倍に達する表流水が通過した可能性があることが明らかとなった.

キーワード 推奨
  1. (英) debris flow disaster / (日) 土石流災害 / (読) どせきりゅうさいがい
  2. (英) the Aizome River / (日) 逢初川 / (読) あいぞめがわ
  3. (英) land modification / (日) 地形改変 / (読) ちけいかいへん
  4. (英) rainwater runoff process / (日) 流出過程 / (読) りゅうしゅつかてい
発行所 推奨 社団法人 土木學會
誌名 必須 (日) 河川技術論文集
ISSN 任意 2436-6714
ISSN: 2436-6714 (eISSN: 2436-6714)
Title: 河川技術論文集
Supplier: 公益社団法人 土木学会
 (J-STAGE (No Scopus information.)
必須 28
必須 ---
必須 397 402
都市 任意
年月日 必須 2022年 6月 10日
URL 任意 http://repo.lib.tokushima-u.ac.jp/117155
DOI 任意
PMID 任意
CRID 任意 1050012081168320128
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意