徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [杉山 茂]/吉田 多秀/[霜田 直宏]/[植木 智之]/加藤 裕樹/二宮 航/Carbon Deposition Assisting the Enhancement of Catalytic Activity with Time-on-Stream in the Dehydrogenation of Isobutane over NiO/Al2O3/[Journal of Chemical Engineering of Japan]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
385796
EOID
1048321
Map
0
LastModified
2022年7月21日(木) 09:19:39
Operator
杉山 茂
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
杉山 茂
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨 研究
共著種別 推奨 国内共著(徳島大学内研究者と国内(学外)研究者との共同研究 (国外研究者を含まない))
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.応用化学系.化学プロセス工学分野(2017年4月1日〜)
  2. 徳島大学.創成科学研究科.理工学専攻.応用化学システムコース(創成科学研究科).化学プロセス工学講座(創成科学研究科)(2020年4月1日〜)
著者 必須
  1. 杉山 茂([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.応用化学系.化学プロセス工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用化学システムコース.化学プロセス工学講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (英) Yoshida Tashu / (日) 吉田 多秀 / (読) よしだ たしゅう
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  3. 霜田 直宏([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.応用化学系.化学プロセス工学分野]/徳島大学.理工学部.理工学科.応用化学システムコース.化学プロセス工学講座/徳島大学.工学部.化学応用工学科.化学プロセス工学講座/徳島大学.先端技術科学教育部.物質生命システム工学専攻.化学機能創生コース.化学プロセス工学講座)
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 植木 智之([徳島大学.技術支援部.常三島技術部門.地域協働グループ]/[徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.総合技術センター])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. (英) Kato Yuki / (日) 加藤 裕樹 / (読) かとう ゆうき
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. (英) Ninomiya Wataru / (日) 二宮 航 / (読) にのみや わたる
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Carbon Deposition Assisting the Enhancement of Catalytic Activity with Time-on-Stream in the Dehydrogenation of Isobutane over NiO/Al2O3

副題 任意
要約 任意

(英) In the transformation reaction of alkanes to alkenes via catalytic dehydrogenation, it is generally accepted that the so-called catalytic deactivation behavior will occur. This phenomenon causes a drastic reduction in activity with time-on-stream. It is understood that carbon deposition generated during the reaction then covers the surface of the catalyst, and this leads to a drastic decrease in activity. However, contrary to this common wisdom, our laboratory reported that the dehydrogenation of isobutane to isobutene on NiO/γ-Al2O3 within a specific range of NiO loading in the presence of CO2 actually improved the yield of isobutene with time-on-stream. Since few such cases have been reported, in this study, isobutane was dehydrogenated in the presence of CO2 using NiO/α-Al2O3 as the catalyst with 20% NiO loading and improvement was again observed. In order to investigate the cause of the improvement, both NiO/γ-Al2O3 and NiO/α-Al2O3 with 20% NiO loading were examined in detail following the reaction. According to TEM analysis, both catalysts were covered with a large amount of carbon deposition after the reaction, but there was a difference in the types. The carbon deposition on NiO/γ-Al2O3 had a fibrous nature while that on NiO/α-Al2O3 appeared to be a type of nanowire. Raman spectroscopy revealed that the carbonaceous crystal growth properties of two forms differed depending on the support. In particular, a catalytically active species of metallic nickel was formed in a high degree of dispersion in and on the above two forms of carbon deposition during the reaction, and this resulted in high activity even if the catalyst was covered with a carbon deposition.

キーワード 推奨
  1. (英) Dehydrogenation
  2. (英) Isobutane
  3. (英) Nickel Oxide
  4. (英) Catalyst Deactivation
  5. (英) Carbon Deposition
発行所 推奨 社団法人 化学工学会
誌名 必須 Journal of Chemical Engineering of Japan([社団法人 化学工学会])
(pISSN: 0021-9592, eISSN: 1881-1299)
ISSN 任意 0021-9592
ISSN: 0021-9592 (pISSN: 0021-9592, eISSN: 1881-1299)
Title: Journal of Chemical Engineering of Japan
Supplier: 公益社団法人 化学工学会
Publisher: Taylor & Francis
 (J-STAGE  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 55
必須 7
必須 248 254
都市 任意 東京(Tokyo/[日本国])
年月日 必須 2022年 7月 20日
URL 任意
DOI 任意 10.1252/jcej.22we031    (→Scopusで検索)
PMID 任意
CRID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意 ****
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意