徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [矢野 隆章]/[加治佐 平]/Ono Masayuki/Miyasaka Yoshiya/Hasegawa Yuichi/Saito Atsushi/[大塚 邦紘]/[坂根 亜由子]/[佐々木 卓也]/[安友 康二]/Hamajima Rina/Kanai Yuta/Kobayashi Takeshi/Matsuura Yoshiharu/Itonaga Makoto/[安井 武史]/Ultrasensitive detection of SARS-CoV-2 nucleocapsid protein using large gold nanoparticle-enhanced surface plasmon resonance./[Scientific Reports]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
385157
EOID
1053685
Map
0
LastModified
2022年8月16日(火) 19:30:49
Operator
安井 武史
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
安友 康二
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨 研究
共著種別 推奨 国内共著(徳島大学内研究者と国内(学外)研究者との共同研究 (国外研究者を含まない))
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 徳島大学.ポストLEDフォトニクス研究所(2019年3月1日〜)
  2. 徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域(2015年4月1日〜)
著者 必須
  1. 矢野 隆章([徳島大学.ポストLEDフォトニクス研究所])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 加治佐 平
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. (英) Ono Masayuki
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. (英) Miyasaka Yoshiya
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. (英) Hasegawa Yuichi
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. (英) Saito Atsushi
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. 大塚 邦紘([徳島大学.病院.先端歯科医療開発研究プロジェクト]/[徳島大学.病院.診療科.歯科口腔外科.口腔外科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. 坂根 亜由子([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.生理系.生化学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  9. 佐々木 卓也([徳島大学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  10. 安友 康二([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.病理系.生体防御医学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  11. (英) Hamajima Rina
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  12. (英) Kanai Yuta
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  13. (英) Kobayashi Takeshi
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  14. (英) Matsuura Yoshiharu
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  15. (英) Itonaga Makoto
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  16. 安井 武史([徳島大学.ポストLEDフォトニクス研究所]/[徳島大学.理工学部.理工学科.機械科学コース.生産工学講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Ultrasensitive detection of SARS-CoV-2 nucleocapsid protein using large gold nanoparticle-enhanced surface plasmon resonance.

副題 任意
要約 任意

(日) The COVID-19 pandemic has created urgent demand for rapid detection of the SARS-CoV-2 coronavirus. Herein, we report highly sensitive detection of SARS-CoV-2 nucleocapsid protein (N protein) using nanoparticle-enhanced surface plasmon resonance (SPR) techniques. A crucial plasmonic role in significantly enhancing the limit of detection (LOD) is revealed for exceptionally large gold nanoparticles (AuNPs) with diameters of hundreds of nm. SPR enhanced by these large nanoparticles lowered the LOD of SARS-CoV-2 N protein to 85 fM, resulting in the highest SPR detection sensitivity ever obtained for SARS-CoV-2 N protein.

キーワード 推奨
  1. (英) Coronavirus Nucleocapsid Proteins
  2. (英) Gold
  3. (英) Metal Nanoparticles
  4. (英) Phosphoproteins
  5. (英) SARS-CoV-2
  6. (英) Surface Plasmon Resonance
発行所 推奨 Nature Publishing Group
誌名 必須 Scientific Reports([Nature Publishing Group])
(eISSN: 2045-2322)
ISSN 任意 2045-2322
ISSN: 2045-2322 (eISSN: 2045-2322)
Title: Scientific reports
Title(ISO): Sci Rep
Publisher: Nature Portfolio
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 12
必須 1
必須 1060 1060
都市 任意
年月日 必須 2022年 1月 20日
URL 任意
DOI 任意 10.1038/s41598-022-05036-x    (→Scopusで検索)
PMID 任意 35058513    (→Scopusで検索)
CRID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) PublicationType: Journal Article

  2. (英) PublicationType: Research Support, Non-U.S. Gov't