徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: 吉川 紘平/金子 遥祐/辻 誠士郎/河田 沙紀/川原 綾香/森 建介/遠藤 ふうり/原 倫世/[倉橋 清衛]/[吉田 守美子]/[黒田 暁生]/明比 祐子/[遠藤 逸朗]/[船木 真理]/[福本 誠二]/[安倍 正博]/[松久 宗英]/TIA様症状を契機に診断されたインスリノーマの1例/[四国医学雑誌]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
384844
EOID
1045148
Map
0
LastModified
2022年6月2日(木) 15:05:27
Operator
三好 小文
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
吉田 守美子
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 日本語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. (日) 吉川 紘平
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (日) 金子 遥祐
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. (日) 辻 誠士郎
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. (日) 河田 沙紀
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. (日) 川原 綾香
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. (日) 森 建介
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. (日) 遠藤 ふうり
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. (英) Hara Tomoyo / (日) 原 倫世 / (読) はら ともよ
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  9. 倉橋 清衛
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  10. 吉田 守美子
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  11. 黒田 暁生([徳島大学.先端酵素学研究所.基幹研究部門])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  12. (日) 明比 祐子
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  13. 遠藤 逸朗([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.保健学域.保健科学部門.医用検査学系.生体機能解析学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  14. 船木 真理
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  15. 福本 誠二
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  16. 安倍 正博
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  17. 松久 宗英([徳島大学.先端酵素学研究所.基幹研究部門]/徳島大学病院アンチエイジングセンター センター長(併任)/徳島大学先端酵素学研究所長(併任))
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(日) TIA様症状を契機に診断されたインスリノーマの1例

副題 任意
要約 任意

(日) We report the case of a67-year-old woman who had symptoms suggestive of a transient ischemic attack(TIA), such as lightheadedness and transient visual changes before meals for 4 months. She experienced altered consciousness before lunch and was taken to the emergency room2weeks ago. She had repeated hypoglycemia with a blood glucose level of 31 mg/dL. Insulin secretion was not suppressed, with an immunoreactive insulin level of 14.0 μU/mL and connecting peptide immunoreactivity of 1.83 ng/mL for occasional blood glucose levels of 49 mg/dL. Dynamic CT revealed a 17‐mm mass enhanced during the arterial phase in the pancreatic uncinate process, suggestive of a pancreatic neuroendocrine tumor. A selective arterial secretagogue(calcium)injection test revealed the localization of insulinoma in the head of the pancreas. Therefore, pancreatoduodenectomy was performed. Hyperglycemia occurred after the surgery, and it was judged that the insulinoma was resected. This case showed TIA-like symptoms without signs of sympathetic overdrive associated with hypoglycemia. Thus, the diagnosis was delayed. Insulinoma may present with symptoms of neuroglycopenia but not autonomic activity due to hypoglycemia. Insulinoma should be distinguished in patients with unknown neurological symptoms since neuroglycopenia caused by insulinoma is diverse.

キーワード 推奨
  1. (英) Insulinoma
  2. (英) Hypoglycemia
  3. (英) Neuroglycopenia
  4. (英) Transient ischemic attack
発行所 推奨 (日) 徳島医学会
誌名 必須 四国医学雑誌([徳島医学会])
(pISSN: 0037-3699, eISSN: 2758-3279)
ISSN 任意 0037-3699
ISSN: 0037-3699 (pISSN: 0037-3699, eISSN: 2758-3279)
Title: 四国医学雑誌
Supplier: 徳島大学
Publisher: Tokushima Igakkai
 (Webcat Plus  (医中誌Web  (J-STAGE  (Scopus (Scopus information is found. [need login])
必須 77
必須 5-6
必須 275 280
都市 任意
年月日 必須 2021年 12月 25日
URL 任意 http://repo.lib.tokushima-u.ac.jp/116831
DOI 任意
PMID 任意
CRID 任意 1050855112792865536
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意