徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [吉村 宗之]/[武川 恵美]/[関根 一光]/[堀内 信也]/[田中 栄二]/[浜田 賢一]/Volume Magnetic Susceptibility Estimation of α- and β-Phases in Titanium Alloys for Biomedical Applications./[Journal of Oral Health and Biosciences]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
384482
EOID
1058887
Map
0
LastModified
2022年9月12日(月) 14:09:41
Operator
浜田 賢一
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
田中 栄二
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨 博士課程学生による研究報告
組織 推奨
  1. 徳島大学.口腔科学研究科.口腔科学専攻.口腔健康科学講座.口腔顎顔面矯正学(2004年4月1日〜)
  2. 徳島大学.歯学部.歯学科.基礎口腔科学講座.生体材料工学
著者 必須
  1. 吉村 宗之([徳島大学.口腔科学研究科.口腔科学専攻.口腔健康科学講座.口腔顎顔面矯正学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  2. 武川 恵美([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.基礎歯学系.生体材料工学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 関根 一光([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.基礎歯学系.生体材料工学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 堀内 信也([徳島大学.病院.診療科.矯正歯科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. 田中 栄二([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.臨床歯学系.口腔顎顔面矯正学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. 浜田 賢一([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.基礎歯学系.生体材料工学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Volume Magnetic Susceptibility Estimation of α- and β-Phases in Titanium Alloys for Biomedical Applications.

副題 任意
要約 任意

(英) Metallic medical devices in the human body cause serious artifacts in magnetic resonance imaging owing to the volume magnetic susceptibility (χν) mismatch between the device and tissue around the device. To reduce artifacts, medical devices produced from alloys with χν values of approximately -9 × 10-6 are required. Controlling the phase constitution is a basic technique used to control the χν value of an alloy, and the χν value of each phase is a fundamental property. In this study, an α+β-type Ti alloy and two β-type Ti alloys were investigated. The estimated χν values of the α-phase of the alloys were similar to or smaller than that of pure Ti. In contrast, the estimated χν values of the β-phase of the alloys were larger than that of pure Ti. Since the χν value of pure Ti is much larger than -9 × 10-6, the χν values of the β-phases suggested that increasing the volume fraction of the β-phase was not appropriate for producing a Ti alloy with a lower χν value.

キーワード 推奨
  1. (英) Volume magnetic susceptibility
  2. (英) Phase constitution
  3. (英) Heat treatment
  4. (英) Ti-6Al-4V alloy
  5. (英) Ti-Mo alloy
発行所 推奨
誌名 必須 Journal of Oral Health and Biosciences([四国歯学会])
(pISSN: 2188-7888, eISSN: 2189-6682)
ISSN 任意 2189-6682
ISSN: 2188-7888 (pISSN: 2188-7888, eISSN: 2189-6682)
Title: Journal of Oral Health and Biosciences
Supplier: 四国歯学会
 (医中誌Web  (J-STAGE (No Scopus information.)
必須 34
必須 2
必須 34 39
都市 任意
年月日 必須 2022年 3月 6日
URL 任意
DOI 任意 10.20738/johb.34.2_34    (→Scopusで検索)
PMID 任意
CRID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意