徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: 石井 なお/[楠瀬 賢也]/Shono A/Matsumoto K/西尾 進/山口 夏美/平田 有紀奈/[松浦 朋美]/[伊勢 孝之]/[山口 浩司]/[八木 秀介]/[福田 大受]/[山田 博胤]/[添木 武]/[若槻 哲三]/[佐田 政隆]/Effects of Radiofrequency Catheter Ablation on Cardiac Reserve Using Preload Stress Echocardiography in Paroxysmal and Persistent Atrial Fibrillation/[The American Journal of Cardiology]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
383987
EOID
1079143
Map
0
LastModified
2023年7月19日(水) 11:58:59
Operator
佐田 政隆
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
佐田 政隆
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. (英) Ishii Nao / (日) 石井 なお / (読) いしい なお
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  2. 楠瀬 賢也
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. (英) Shono A
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. (英) Matsumoto K
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. (英) Nishio Susumu / (日) 西尾 進 / (読) にしお すすむ
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  6. (英) Yamaguchi Natsumi / (日) 山口 夏美 / (読) やまぐち なつみ
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  7. (英) Hirata Yukina / (日) 平田 有紀奈 / (読) ひらた ゆきな
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  8. 松浦 朋美([徳島大学.病院.先端医科医療開発研究プロジェクト]/[徳島大学.病院.診療科.内科.循環器内科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  9. 伊勢 孝之([徳島大学.病院.診療科.内科.循環器内科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  10. 山口 浩司([徳島大学.病院.先端医科医療開発研究プロジェクト]/[徳島大学.病院.診療科.内科.循環器内科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  11. 八木 秀介([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.内科系.地域・家庭医療学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  12. 福田 大受
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  13. 山田 博胤([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.連携研究部門(医学域).寄附講座系(医学域).地域循環器内科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  14. 添木 武([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.連携研究部門(医学域).寄附講座系(医学域).実践地域診療・医科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  15. 若槻 哲三([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.先端医学教育研究プロジェクト]/[徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.内科系.循環器内科学]/[徳島大学.病院.診療科.内科.循環器内科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  16. 佐田 政隆([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.内科系.循環器内科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Effects of Radiofrequency Catheter Ablation on Cardiac Reserve Using Preload Stress Echocardiography in Paroxysmal and Persistent Atrial Fibrillation

副題 任意
要約 任意

(英) The effects of catheter ablation on exercise tolerance and quality of life in patients with atrial fibrillation (AF) have been reported. We assessed cardiac function in more detail using the leg positive pressure (LPP) technique and found that contractile reserve is particularly important in relation to exercise tolerance and prognosis. In this study, we used the LPP technique to examine changes in contractile reserve immediately after ablation and 6 months later. We prospectively enrolled patients who underwent catheter ablation for AF at 2 institutes. We performed LPP stress echocardiography 2 to 3 days after (FU-1) and 6 months after (FU-2) ablation to examine changes in cardiac function indexes. The primary end point was improvement in contractile reserve. Ultimately, 109 patients (mean age 67.4 ± 9.6 years; 70% men) underwent 2 sessions of LPP stress echocardiography. The median CHADS-VAS score was 2 (interquartile range 13). From FU-1 to FU-2, the change in the stroke volume index after the LPP maneuver increased in patients with paroxysmal and persistent AF with low CHADS-VAS scores (both p <0.05). Regardless of AF subtype, contractile reserve at FU-2 improved in patients with low CHADS-VAS scores compared with that at FU-1. In contrast, patients with high CHADS-VAS scores had no change. In conclusion, patients with AF with a low CHADS-VAS score had improved contractile reserve after ablation, whereas patients with high scores did not show any improvement. Aggressive interventions in patients with high scores may lead to better management after catheter ablation.

キーワード 推奨
  1. (英) Aged
  2. (英) Atrial Fibrillation
  3. (英) Catheter Ablation
  4. (英) Echocardiography, Stress
  5. (英) Female
  6. (英) Humans
  7. (英) Male
  8. (英) Middle Aged
  9. (英) Predictive Value of Tests
  10. (英) Quality of Life
  11. (英) Risk Assessment
  12. (英) Risk Factors
  13. (英) Treatment Outcome
発行所 推奨
誌名 必須 The American Journal of Cardiology(American College of Cardiology)
(pISSN: 0002-9149, eISSN: 1879-1913)
ISSN 任意 1879-1913
ISSN: 0002-9149 (pISSN: 0002-9149, eISSN: 1879-1913)
Title: The American journal of cardiology
Title(ISO): Am J Cardiol
Publisher: Elsevier Inc.
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 168
必須
必須 71 77
都市 任意
年月日 必須 2022年 1月 18日
URL 任意
DOI 任意 10.1016/j.amjcard.2021.12.026    (→Scopusで検索)
PMID 任意 35063270    (→Scopusで検索)
CRID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) Article.ELocationID: S0002-9149(21)01248-0

  2. (英) Article.ELocationID: 10.1016/j.amjcard.2021.12.026

  3. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Journal Article

  4. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Research Support, Non-U.S. Gov't

  5. (英) CoiStatement: Disclosures The authors have no conflicts of interest to declare.