徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: 宮本 直輝/[井上 寛章]/乾 友浩/笹 聡一郎/[青山 万理子]/[鳥羽 博明]/[奥村 和正]/[吉田 卓弘]/[滝沢 宏光]/[丹黒 章]/HER2陽性乳癌患者における術前化学療法開始前の総リンパ球数は予後予測の指標となり得る/[四国医学雑誌]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
383763
EOID
1051564
Map
0
LastModified
2022年8月8日(月) 17:35:36
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
近藤 和也
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 日本語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. (日) 宮本 直輝
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  2. 井上 寛章([徳島大学.病院.先端医療開発研究プロジェクト]/[徳島大学.病院.診療科.外科.食道・乳腺甲状腺外科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. (英) Tomohiro INUI / (日) 乾 友浩 / (読) いぬい ともひろ
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  4. (英) Sasa Soichiroh / (日) 笹 聡一郎 / (読) ささ そういちろう
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  5. 青山 万理子([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.先端医学教育研究プロジェクト]/[徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.外科系.胸部・内分泌・腫瘍外科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. 鳥羽 博明([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.外科系.胸部・内分泌・腫瘍外科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. 奥村 和正
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. 吉田 卓弘
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  9. 滝沢 宏光([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.外科系.胸部・内分泌・腫瘍外科学]/[徳島大学.病院.診療科.外科.呼吸器外科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  10. 丹黒 章
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(日) HER2陽性乳癌患者における術前化学療法開始前の総リンパ球数は予後予測の指標となり得る

副題 任意
要約 任意

(日) Purpose : Several studies have shown that peripheral hematologic parameters, such as the absolute lymphocyte count(ALC)and neutrophil to lymphocyte ratio(NLR)can predict the prognosis for malignant tumor. We investigated the relation of these parameter and prognosis before neoadjuvant chemotherapy for human epidermal growth factor receptor-2(HER2)-positive breast cancer patients. Methods : From April 2009 to March 2019, 85 patients diagnosed with HER2‐positive breast cancer and treated with trastuzumab-based neoadjuvant chemotherapy were included in this retrospective cohort study. The optimal cut-off for the NLR and ALC was identified using the receiver operating characteristic(ROC)curve analysis and Youden's index. Results : The median age of patients at the start of treatment was 58.9(range 32‐81)years. The median follow-up time for HER2-positive breast cancer patients was 52.0(range:9.8‐114.3)months. In this period, 11 patients developed recurrence. The low-ALC group showed better disease free survival than the high-ALC group(p=0.0482). There was no significant difference in disease free survival between the low- and high-NLR groups. Conclusion : ALC before neoadjuvant chemotherapy may be a predictor of prolonged disease free survival in HER2‐positive breast cancer patients.

キーワード 推奨
  1. (日) HER2陽性乳癌
  2. (日) 総リンパ球数
  3. (日) 周術期化学療法
  4. (英) HER2 breast cancer
  5. (英) neoadjuvant chemotherapy
  6. (英) absolute lymphocyte counts
発行所 推奨 (日) 徳島医学会
誌名 必須 四国医学雑誌([徳島医学会])
(pISSN: 0037-3699, eISSN: 2758-3279)
ISSN 任意 0037-3699
ISSN: 0037-3699 (pISSN: 0037-3699, eISSN: 2758-3279)
Title: 四国医学雑誌
Supplier: 徳島大学
Publisher: Tokushima Igakkai
 (Webcat Plus  (医中誌Web  (J-STAGE  (Scopus (Scopus information is found. [need login])
必須 77
必須 3,4
必須 131 136
都市 任意
年月日 必須 2021年 8月 25日
URL 任意 http://repo.lib.tokushima-u.ac.jp/116396
DOI 任意
PMID 任意
CRID 任意 1050008389805360256
NAID 120007164914
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意