徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [武原 正典]/[宮本 弘志]/[藤野 泰輝]/[友成 哲]/[谷口 達哉]/[北村 晋志]/[岡本 耕一]/[曽我部 正弘]/[佐藤 康史]/[六車 直樹]/[坂東 良美]/[高山 哲治]/Long-Term Survival due to Chemotherapy including Paclitaxel in a Patient with Metastatic Primary Splenic Angiosarcoma./[Case Reports in Gastroenterology]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
382916
EOID
1023745
Map
0
LastModified
2021年11月19日(金) 15:14:28
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
高山 哲治
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. 武原 正典
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  2. 宮本 弘志([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.先端医学教育研究プロジェクト]/[徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.内科系.消化器内科学]/[徳島大学.病院.診療科.内科.消化器内科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 藤野 泰輝([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.先端臨床医学教育研究プロジェクト]/[徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.内科系.消化器内科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  4. 友成 哲([徳島大学.病院.診療科.内科.消化器内科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. 谷口 達哉([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.内科系.消化器内科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. 北村 晋志([徳島大学.病院.先端医科医療開発研究プロジェクト]/[徳島大学.病院.診療科.内科.消化器内科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. 岡本 耕一([徳島大学.病院.診療科.内科.消化器内科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. 曽我部 正弘([徳島大学.キャンパスライフ健康支援センター])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  9. 佐藤 康史([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.連携研究部門(医学域).寄附講座系(医学域).地域消化器・総合内科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  10. 六車 直樹
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  11. 坂東 良美([徳島大学.病院.中央診療施設等.病理部])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  12. 高山 哲治([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.内科系.消化器内科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Long-Term Survival due to Chemotherapy including Paclitaxel in a Patient with Metastatic Primary Splenic Angiosarcoma.

副題 任意
要約 任意

(英) A primary splenic angiosarcoma is a rare type of soft tissue sarcoma and is associated with an extremely poor prognosis. In this study, we describe the case of a patient who was diagnosed with metastatic primary splenic angiosarcoma and survived for about 2 years. A 62-year-old female was referred to us for the treatment of splenic angiosarcoma with disseminated intravascular coagulation (DIC) and multiple liver and bone metastases. Paclitaxel therapy resulted in recovery from DIC and enabled her to continue sequential treatment through to sixth-line chemotherapy. We reviewed all splenic angiosarcoma case reports which were described as stage IV to date and compared with our case. From these data, we found that the median overall survival was 105 days, and the prognosis of splenic angiosarcoma of stage IV was worse than conventional case series. Splenectomy was performed in more patients than chemotherapy as a treatment. Moreover, various chemotherapeutic regimens were used. These data suggest that administering chemotherapy including paclitaxel to patients with splenic angiosarcoma might improve their prognosis.

キーワード 推奨
発行所 推奨
誌名 必須 Case Reports in Gastroenterology(Karger AG, Basel)
(eISSN: 1662-0631)
ISSN 任意 1662-0631
ISSN: 1662-0631 (eISSN: 1662-0631)
Title: Case reports in gastroenterology
Title(ISO): Case Rep Gastroenterol
Publisher: Karger AG
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 15
必須 3
必須 910 918
都市 任意
年月日 必須 2021年 10月 11日
URL 任意
DOI 任意 10.1159/000519211    (→Scopusで検索)
PMID 任意 34720843    (→Scopusで検索)
CRID 任意
WOS 任意
Scopus 任意 2-s2.0-85117511057
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) Article.ELocationID: 10.1159/000519211

  2. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Case Reports

  3. (英) KeywordList.Keyword: Angiosarcoma

  4. (英) KeywordList.Keyword: Bone metastasis

  5. (英) KeywordList.Keyword: Chemotherapy

  6. (英) KeywordList.Keyword: Hepatic metastasis

  7. (英) KeywordList.Keyword: Paclitaxel

  8. (英) CoiStatement: The authors have no conflicts of interest to declare.