徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: Minato Masanori/[村上 太一]/Takahashi Naoki/[小野 広幸]/[西村 賢二]/[田蒔 昌憲]/[長井 幸二郎]/[安部 秀斉]/Iwano Masayuki/Joh Kensuke/[土井 俊夫]/Glucocorticoid-dependent Tubulointerstitial Nephritis with IgM-positive Plasma Cells Presenting with Intracellular Crystalline Inclusions within the Rough Endoplasmic Reticulum./[Internal Medicine]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
381058
EOID
1017464
Map
0
LastModified
2021年8月25日(水) 10:48:33
Operator
三木 ちひろ
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
田蒔 昌憲
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. (英) Minato Masanori
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 村上 太一
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. (英) Takahashi Naoki
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 小野 広幸
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. 西村 賢二
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. 田蒔 昌憲([徳島大学.病院.先端医科医療開発研究プロジェクト]/[徳島大学.病院.中央診療施設等.検査部]/[徳島大学.病院.診療科.内科.腎臓内科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. 長井 幸二郎
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. 安部 秀斉
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  9. (英) Iwano Masayuki
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  10. (英) Joh Kensuke
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  11. 土井 俊夫
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Glucocorticoid-dependent Tubulointerstitial Nephritis with IgM-positive Plasma Cells Presenting with Intracellular Crystalline Inclusions within the Rough Endoplasmic Reticulum.

副題 任意
要約 任意

(英) Tubulointerstitial nephritis (TIN) with IgM-positive plasma cells (IgMPC-TIN) is an autoimmune kidney disease characterized by IgM/CD138-double-positive plasma cell infiltration in the tubulointerstitium. A 50-year-old man developed IgMPC-TIN and presented with crystalline inclusions in the rough endoplasmic reticulum. Intracellular crystal formation is a rare finding in paraprotein-related kidney diseases, but this case showed no pathogenic monoclonal immunoglobulin. Prednisolone (PSL, 30 mg) improved the TIN, but PSL tapering resulted in the recurrence of TIN. Combination therapy with 15 mg PSL and 150 mg mizoribine ultimately stabilized TIN. This case offers original evidence concerning the pathophysiology and treatment strategy of IgMPC-TIN.

キーワード 推奨
発行所 推奨
誌名 必須 Internal Medicine([社団法人 日本内科学会])
(pISSN: 0918-2918, eISSN: 1349-7235)
ISSN 任意 1349-7235
ISSN: 0918-2918 (pISSN: 0918-2918, eISSN: 1349-7235)
Title: Internal medicine (Tokyo, Japan)
Title(ISO): Intern Med
Supplier: 一般社団法人 日本内科学会
Publisher: Japanese Society of Internal Medicine/Nihon Naika Gakkai
 (NLM Catalog  (医中誌Web  (J-STAGE  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須
必須
必須
都市 任意
年月日 必須 2021年 4月 12日
URL 任意
DOI 任意 10.2169/internalmedicine.7118-21    (→Scopusで検索)
PMID 任意 33840699    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) Article.ELocationID: 10.2169/internalmedicine.7118-21

  2. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Journal Article

  3. (英) KeywordList.Keyword: glucocorticoid dependence

  4. (英) KeywordList.Keyword: intracellular crystalline inclusions in the rough endoplasmic reticulum

  5. (英) KeywordList.Keyword: tubulointerstitial nephritis with IgM-positive plasma cells