徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [南川 丈夫]/[清水 真祐子]/[髙成 広起]/Morimoto Yuki/Shiomi Ryosuke/谷岡 弘規/[長谷 栄治]/[安井 武史]/[常山 幸一]/Molecular imaging analysis of microvesicular and macrovesicular lipid droplets in non-alcoholic fatty liver disease by Raman microscopy./[Scientific Reports]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
380832
EOID
1017061
Map
0
LastModified
2021年8月24日(火) 16:03:25
Operator
清水 真祐子
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
清水 真祐子
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨 研究
共著種別 推奨 学内共著(徳島大学内研究者との共同研究 (学外研究者を含まない))
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. 南川 丈夫([徳島大学.ポストLEDフォトニクス研究所])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 清水 真祐子([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.病理系.疾患病理学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 髙成 広起([徳島大学.ポストLEDフォトニクス研究所])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. (英) Morimoto Yuki
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. (英) Shiomi Ryosuke
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. (英) Hiroki Tanioka / (日) 谷岡 弘規 / (読) たにおか ひろき
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  7. 長谷 栄治([徳島大学.ポストLEDフォトニクス研究所])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. 安井 武史([徳島大学.ポストLEDフォトニクス研究所]/[徳島大学.理工学部.理工学科.機械科学コース.生産工学講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  9. 常山 幸一([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.病理系.疾患病理学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Molecular imaging analysis of microvesicular and macrovesicular lipid droplets in non-alcoholic fatty liver disease by Raman microscopy.

副題 任意
要約 任意

(英) Predominant evidence of non-alcoholic fatty liver disease (NAFLD) is the accumulation of excess lipids in the liver. A small group with NAFLD may have a more serious condition named non-alcoholic steatohepatitis (NASH). However, there is a lack of investigation of the accumulated lipids with spatial and molecular information. Raman microscopy has the potential to characterise molecular species and structures of lipids based on molecular vibration and can achieve high spatial resolution at the organelle level. In this study, we aim to demonstrate the feasibility of Raman microscopy for the investigation of NAFLD based on the molecular features of accumulated lipids. By applying the Raman microscopy to the liver of the NASH model mice, we succeeded in visualising the distribution of lipid droplets (LDs) in hepatocytes. The detailed analysis of Raman spectra revealed the difference of molecular structural features of the LDs, such as the degree of saturation of lipids in the LDs. We also found that the inhomogeneous distribution of cholesterol in the LDs depending on the histology of lipid accumulation. We visualised and characterised the lipids of NASH model mice by Raman microscopy at organelle level. Our findings demonstrated that the Raman imaging analysis was feasible to characterise the NAFLD in terms of the molecular species and structures of lipids.

キーワード 推奨
発行所 推奨 Nature Publishing Group
誌名 必須 Scientific Reports([Nature Publishing Group])
(eISSN: 2045-2322)
ISSN 任意 2045-2322
ISSN: 2045-2322 (eISSN: 2045-2322)
Title: Scientific reports
Title(ISO): Sci Rep
Publisher: Nature Portfolio
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 10
必須 1
必須 18548 18548
都市 任意
年月日 必須 2020年 10月 29日
URL 任意
DOI 任意 10.1038/s41598-020-75604-6    (→Scopusで検索)
PMID 任意 33122711    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) PublicationType: Journal Article