徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [栗尾 奈愛]/[鎌田 久美子]/北川 巧/[工藤 保誠]/[石丸 直澄]/[宮本 洋二]/上顎歯肉に発症したMicrocystic adnexal carcinomaの1例/[日本口腔外科学会雑誌]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
380266
EOID
1021811
Map
0
LastModified
2021年10月12日(火) 15:35:34
Operator
三好 小文
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
鎌田 久美子
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 日本語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. 栗尾 奈愛([徳島大学.病院.診療科.歯科口腔外科.口腔外科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 鎌田 久美子([徳島大学.病院.診療科.歯科口腔外科.口腔外科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. (英) Kitagawa Takumi / (日) 北川 巧
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 工藤 保誠([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.基礎歯学系.口腔生命科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. 石丸 直澄([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.基礎歯学系.口腔分子病態学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. 宮本 洋二([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.臨床歯学系.口腔外科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) A case of microcystic adnexal carcinoma arising in the upper gingiva

(日) 上顎歯肉に発症したMicrocystic adnexal carcinomaの1例

副題 任意
要約 任意

(英) <p>Microcystic adnexal carcinoma (MAC) is a rare malignant tumor of skin appendages. MAC grows slowly, but is locally aggressive. The metastatic potential is low, but the recurrence rates are very high owing to insufficient dissection. The most common location of MAC is the skin of the midface of middle-aged adults. There has been no report about MAC arising in the gingiva. We report here an extremely rare case of MAC of the upper gingiva in a 53-year-old woman. She presented to our hospital with a 6-year history of a gradually increasing gingival mass. Intraoral examination revealed a smooth, poorly circumscribed mass with white granules resembling Fordyce spots on her upper gingiva. There was no bone destruction or regional lymph node swelling. The histopathological diagnosis was a tumor of skin appendages. Tumor resection was performed. Postoperative pathological examination revealed that the tumor differentiated into hair follicles and the sweat-gland-like structures and deeply infiltrated into muscle, perineural spaces, and bone. Since the surgical margins were positive, additional resection was performed after preoperative mapping biopsy. Finally, the tumor was completely excised. No tumor recurrence or metastasis have been observed over 1 year.</p>

キーワード 推奨
発行所 推奨 社団法人 日本口腔外科学会
誌名 必須 日本口腔外科学会雑誌([社団法人 日本口腔外科学会])
(pISSN: 0021-5163, eISSN: 2186-1579)
ISSN 任意 0021-5163
ISSN: 0021-5163 (pISSN: 0021-5163, eISSN: 2186-1579)
Title: Nihon Koku Geka Gakkai zasshi
Title(ISO): Nihon Koku Geka Gakkai Zasshi
Supplier: 社団法人 日本口腔外科学会
Publisher: Japanese Society of Oral and Maxillofacial Surgeons
 (NLM Catalog  (医中誌Web  (J-STAGE  (CrossRef (No Scopus information.)
必須 66
必須 9
必須 455 459
都市 任意
年月日 必須 2020年 0月 初日
URL 任意
DOI 任意 10.5794/jjoms.66.455    (→Scopusで検索)
PMID 任意
NAID 任意 130007941331
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意