徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: Takahashi Mamiko/[住谷 龍平]/Hori Taiki/Murai Jumpei/Kawata Shiyori/[大浦 雅博]/[曽我部 公子]/[原田 武志]/[藤井 志朗]/[三木 浩和]/[賀川 久美子]/[安倍 正博]/[中村 信元]/Intravenous busulfan-based conditioning with autologous stem cell transplantation for refractory B-cell lymphoma with central nervous system involvement./[The Journal of Medical Investigation : JMI]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
379403
EOID
1014856
Map
0
LastModified
2021年8月18日(水) 18:36:48
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
中村 信元
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. (英) Takahashi Mamiko
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 住谷 龍平([徳島大学.病院.診療科.内科.血液内科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. (英) Hori Taiki
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. (英) Murai Jumpei
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. (英) Kawata Shiyori
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. 大浦 雅博([徳島大学.病院.中央診療施設等.徳島県地域医療支援センター])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. 曽我部 公子([徳島大学.病院.先端医科医療開発研究プロジェクト]/[徳島大学.病院.診療科.内科.血液内科]/[徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.内科系.血液・内分泌代謝内科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. 原田 武志([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.内科系.血液・内分泌代謝内科学]/[徳島大学.病院.診療科.内科.血液内科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  9. 藤井 志朗([徳島大学.病院.先端医科医療開発研究プロジェクト]/[徳島大学.病院.診療科.内科.血液内科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  10. 三木 浩和([徳島大学.病院.中央診療施設等.輸血・細胞治療部])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  11. 賀川 久美子
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  12. 安倍 正博([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.内科系.血液・内分泌代謝内科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  13. 中村 信元([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.連携研究部門(医学域).寄附講座系(医学域).実践地域診療・医科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Intravenous busulfan-based conditioning with autologous stem cell transplantation for refractory B-cell lymphoma with central nervous system involvement.

副題 任意
要約 任意

(日) The prognosis of relapsed or refractory lymphoma with central nervous system (CNS) involvement remains poor because of the lack of anticancer drugs with sufficient CNS penetration. [Case 1] A 65-year-old man was diagnosed with Stage IV mantle cell lymphoma. After two courses of chemotherapy and autologous hematopoietic stem cell (HSC) collection, urinary retention with fever developed. Cerebrospinal fluid analysis revealed leptomeningeal involvement, which was refractory to high-dose methotrexate therapy. Autologous peripheral blood stem cell transplantation (ASCT) was performed, followed by intravenous busulfan (ivBU), cyclophosphamide, and etoposide ; thereafter, no relapse has been detected for over six years. [Case 2] A 40-year-old woman with right lower hemiplegia was diagnosed with primary CNS lymphoma. Although four courses of high-dose methotrexate therapy were administered, the cerebral tumor increased in size. HSCs were collected after methotrexate therapy, and ASCT was performed in addition to conditioning using ivBU, cyclophosphamide, and etoposide, followed by whole-brain and local boost irradiation. She achieved complete remission, but relapsed two years after ASCT. High-dose ivBU-containing conditioning regimens with ASCT may be useful for refractory B-cell lymphoma with CNS involvement. J. Med. Invest. 68 : 196-201, February, 2021.

キーワード 推奨
発行所 推奨
誌名 必須 The Journal of Medical Investigation : JMI([徳島大学.医学部])
(pISSN: 1343-1420, eISSN: 1349-6867)
ISSN 任意 1349-6867
ISSN: 1343-1420 (pISSN: 1343-1420, eISSN: 1349-6867)
Title: The journal of medical investigation : JMI
Title(ISO): J Med Invest
Supplier: 徳島大学
Publisher: Tokushima Daigaku Igakubu
 (NLM Catalog  (Webcat Plus  (医中誌Web  (J-STAGE  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 68
必須 1.2
必須 196 201
都市 任意
年月日 必須 2021年 0月 初日
URL 任意
DOI 任意 10.2152/jmi.68.196    (→Scopusで検索)
PMID 任意 33994471    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) PublicationType: Journal Article