徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: Nakamura R/Misawa K/Tohnai G/Nakatochi M/Furuhashi S/Atsuta N/Hayashi N/Yokoi D/Watanabe H/Katsuno M/[和泉 唯信]/Kanai K/Hattori N/Morita M/Taniguchi A/Kano O/Oda M/Shibuya K/Kuwabara S/Suzuki N/Aoki M/Ohta Y/Yamashita T/Abe K/Hashimoto R/Aiba I/Okamoto K/Mizoguchi K/Hasegawa K/Okada Y/Ishihara T/Onodera O/Nakashima K/[梶 龍兒]/Kamatani Y/Ikegawa S/Momozawa Y/Kubo M/Ishida N/Minegishi N/Nagasaki M/Sobue G/A multi-ethnic meta-analysis identifies novel genes, including ACSL5, associated with amyotrophic lateral sclerosis/[Communications Biology]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
377333
EOID
1017137
Map
0
LastModified
2021年8月24日(火) 16:56:50
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
和泉 唯信
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨 研究
共著種別 推奨 国内共著(徳島大学内研究者と国内(学外)研究者との共同研究 (国外研究者を含まない))
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. (英) Nakamura R
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (英) Misawa K
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. (英) Tohnai G
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. (英) Nakatochi M
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. (英) Furuhashi S
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. (英) Atsuta N
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. (英) Hayashi N
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. (英) Yokoi D
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  9. (英) Watanabe H
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  10. (英) Katsuno M
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  11. 和泉 唯信([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.内科系.臨床神経科学]/[徳島大学.病院.診療科.内科.脳神経内科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  12. (英) Kanai K
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  13. (英) Hattori N
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  14. (英) Morita M
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  15. (英) Taniguchi A
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  16. (英) Kano O
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  17. (英) Oda M
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  18. (英) Shibuya K
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  19. (英) Kuwabara S
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  20. (英) Suzuki N
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  21. (英) Aoki M
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  22. (英) Ohta Y
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  23. (英) Yamashita T
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  24. (英) Abe K
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  25. (英) Hashimoto R
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  26. (英) Aiba I
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  27. (英) Okamoto K
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  28. (英) Mizoguchi K
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  29. (英) Hasegawa K
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  30. (英) Okada Y
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  31. (英) Ishihara T
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  32. (英) Onodera O
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  33. (英) Nakashima K
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  34. 梶 龍兒([徳島大学.研究支援・産官学連携センター])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  35. (英) Kamatani Y
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  36. (英) Ikegawa S
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  37. (英) Momozawa Y
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  38. (英) Kubo M
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  39. (英) Ishida N
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  40. (英) Minegishi N
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  41. (英) Nagasaki M
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  42. (英) Sobue G
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) A multi-ethnic meta-analysis identifies novel genes, including ACSL5, associated with amyotrophic lateral sclerosis

副題 任意
要約 任意

(英) Amyotrophic lateral sclerosis (ALS) is a devastating progressive motor neuron disease that affects people of all ethnicities. Approximately 90% of ALS cases are sporadic and thought to have multifactorial pathogenesis. To understand the genetics of sporadic ALS, we conducted a genome-wide association study using 1,173 sporadic ALS cases and 8,925 controls in a Japanese population. A combined meta-analysis of our Japanese cohort with individuals of European ancestry revealed a significant association at the ACSL5 locus (top SNP p = 2.97 × 10). We validated the association with ACSL5 in a replication study with a Chinese population and an independent Japanese population (1941 ALS cases, 3821 controls; top SNP p = 1.82 × 10). In the combined meta-analysis, the intronic ACSL5 SNP rs3736947 showed the strongest association (p = 7.81 × 10). Using a gene-based analysis of the full multi-ethnic dataset, we uncovered additional genes significantly associated with ALS: ERGIC1, RAPGEF5, FNBP1, and ATXN3. These results advance our understanding of the genetic basis of sporadic ALS.

キーワード 推奨
  1. (英) Amyotrophic Lateral Sclerosis
  2. (英) Asian Continental Ancestry Group
  3. (英) Case-Control Studies
  4. (英) China
  5. (英) Coenzyme A Ligases
  6. (英) European Continental Ancestry Group
  7. (英) Female
  8. (英) Genes
  9. (英) Genetic Predisposition to Disease
  10. (英) Genome-Wide Association Study
  11. (英) Humans
  12. (英) Japan
  13. (英) Male
  14. (英) Polymorphism, Single Nucleotide
発行所 推奨
誌名 必須 Communications Biology(Nature Publishing Group UK)
(eISSN: 2399-3642)
ISSN 任意 2399-3642
ISSN: 2399-3642 (eISSN: 2399-3642)
Title: Communications biology
Title(ISO): Commun Biol
Publisher: Nature Portfolio
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 3
必須 1
必須 526 526
都市 任意
年月日 必須 2020年 9月 23日
URL 任意
DOI 任意 10.1038/s42003-020-01251-2    (→Scopusで検索)
PMID 任意 32968195    (→Scopusで検索)
CRID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) Article.ELocationID: 10.1038/s42003-020-01251-2

  2. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Journal Article

  3. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Meta-Analysis

  4. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Research Support, Non-U.S. Gov't