徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: 邵 文華/[藤原 奈津美]/[毛利 安宏]/木曽田 暁/吉田 佳世/[吉田 賀弥]/[湯本 浩通]/[尾崎 和美]/[石丸 直澄]/[工藤 保誠]/Conversion from epithelial to partial-EMT phenotype by Fusobacterium nucleatum infection promotes invasion of oral cancer cells./[Scientific Reports]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
377325
EOID
1013282
Map
0
LastModified
2021年8月12日(木) 11:35:51
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
工藤 保誠
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨 研究
共著種別 推奨 学内共著(徳島大学内研究者との共同研究 (学外研究者を含まない))
学究種別 推奨 博士課程学生による研究報告
組織 推奨
  1. 徳島大学.口腔科学研究科(2004年4月1日〜)
著者 必須
  1. (英) Shao Wenhua / (日) 邵 文華 / (読) しょう ぶんか
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  2. 藤原 奈津美([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.口腔保健学系.口腔保健支援学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 毛利 安宏([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.基礎歯学系.口腔生命科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. (英) Kisoda Satoru / (日) 木曽田 暁 / (読) きそだ さとる
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  5. (英) Yoshida Kayo / (日) 吉田 佳世 / (読) よしだ かよ
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  6. 吉田 賀弥([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.口腔保健学系.口腔保健教育学]/[徳島大学.歯学部.口腔保健学科.口腔保健基礎学講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. 湯本 浩通([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.臨床歯学系.歯周歯内治療学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. 尾崎 和美([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.口腔保健学系.口腔保健支援学]/[徳島大学.歯学部.口腔保健学科.口腔保健支援学講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  9. 石丸 直澄([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.基礎歯学系.口腔分子病態学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  10. 工藤 保誠([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.基礎歯学系.口腔生命科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Conversion from epithelial to partial-EMT phenotype by Fusobacterium nucleatum infection promotes invasion of oral cancer cells.

副題 任意
要約 任意

(英) The ability of cancer cells to undergo partial-epithelial mesenchymal transition (p-EMT), rather than complete EMT, poses a higher metastatic risk. Although Fusobacterium nucleatum mainly inhabits in oral cavity, attention has been focused on the F. nucleatum involvement in colorectal cancer development. Here we examined the p-EMT regulation by F. nucleatum in oral squamous cell carcinoma (OSCC) cells. We cultured OSCC cells with epithelial, p-EMT or EMT phenotype with live or heat-inactivated F. nucleatum. Expression of the genes involved in epithelial differentiation, p-EMT and EMT were examined in OSCC cells after co-culture with F. nucleatum by qPCR. Cell growth and invasion of OSCC cells were also examined. Both live and heat-inactivated F. nucleatum upregulated the expression of p-EMT-related genes in OSCC cells with epithelial phenotype, but not with p-EMT or EMT phenotype. Moreover, F. nucleatum promoted invasion of OSCC cells with epithelial phenotype. Co-culture with other strains of bacteria other than Porphyromonas gingivalis did not alter p-EMT-related genes in OSCC cells with epithelial phenotype. F. nucleatum infection may convert epithelial to p-EMT phenotype via altering gene expression in OSCC. Oral hygiene managements against F. nucleatum infection may contribute to reduce the risk for an increase in metastatic ability of OSCC.

キーワード 推奨
発行所 推奨
誌名 必須 Scientific Reports([Nature Publishing Group])
(eISSN: 2045-2322)
ISSN 任意 2045-2322
ISSN: 2045-2322 (eISSN: 2045-2322)
Title: Scientific reports
Title(ISO): Sci Rep
Publisher: Nature Portfolio
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 11
必須 1
必須 14943 14943
都市 任意
年月日 必須 2021年 7月 22日
URL 任意
DOI 任意 10.1038/s41598-021-94384-1    (→Scopusで検索)
PMID 任意 34294795    (→Scopusで検索)
CRID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) PublicationType: Journal Article