徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [山村 佳子]/[眞野 隆充]/[鎌田 久美子]/横田 美保/[福田 直志]/[髙丸 菜都美]/[工藤 景子]/[栗尾 奈愛]/[宮本 洋二]/口腔領域に発症した悪性リンパ腫の臨床的検討/[日本口腔腫瘍学会誌]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
376585
EOID
1012219
Map
0
LastModified
2021年8月7日(土) 20:17:26
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
宮本 洋二
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 日本語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. 山村 佳子([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.臨床歯学系.口腔外科学]/[徳島大学.病院.診療科.歯科口腔外科.口腔外科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 眞野 隆充
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 鎌田 久美子([徳島大学.病院.診療科.歯科口腔外科.口腔外科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. (日) 横田 美保
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. 福田 直志([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.臨床歯学系.口腔外科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. 髙丸 菜都美([徳島大学.病院.診療科.歯科口腔外科.口腔外科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. 工藤 景子([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.臨床歯学系.口腔外科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. 栗尾 奈愛([徳島大学.病院.診療科.歯科口腔外科.口腔外科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  9. 宮本 洋二([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.臨床歯学系.口腔外科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) A clinical study on malignant lymphomas arising in the oral region

(日) 口腔領域に発症した悪性リンパ腫の臨床的検討

副題 任意
要約 任意

(英) We examined the clinical characteristics of 18 cases of malignant lymphomas arising in the oral region which were diagnosed at our department during the 11 years from 2008 to 2018. The patients consisted of 10 males and 8 females whose mean age was 70.2 years. The primary site was the upper gingiva in 10 cases (55.6%), and the initial symptoms were tumor mass and swelling in 15 cases (83.3%). Only 7 cases (38.9%) were clinically diagnosed as malignant lymphoma at first visit, but the other 11 cases were difficult to diagnose correctly. The various clinical symptoms such as mass formation and ulcer made differential diagnosis difficult, and a definitive diagnosis could not be obtained by only a single biopsy. Therefore, we examined whether blood test results might be used as an indicator of the diagnosis or not. Our results showed that LDH in 8 of 17 cases (47.1%) and sIL-2R in 11 of 16 cases (68.8%) were high values. Furthermore, we examined whether lymphocyte-monocyte ratio (LMR) helped the diagnosis or not. Thirteen of 17 cases (76.5%) showed a low value of LMR. There was a significant difference in LMR compared to non-malignant lymphoma patients. LMR in the blood tests was also considered to be a useful marker for the diagnosis.

(日) 2008年から2018年までの11年間に当科で口腔領域に発症した悪性リンパ腫の18例について臨床的特徴を調べた.患者は,平均年齢が70.2歳の男性10例,女性8例であった.原発部位の10例(55.6%)は上顎歯肉で,初期症状は15例(83.3%)で腫瘤と腫脹であった.7例(38.9%)が初診時に臨床的に悪性リンパ腫と診断されたが,その他の11例は正しく診断することが困難であった.腫瘤形成や潰瘍のような様々な臨床症状が診断を困難にしており,1回の生検では確定診断が得られなかった.そこで,血液検査値が診断の指標であるかどうかを検討した.われわれの結果は,17例中8例のLDH(47.1%)と16例中11例のsIL-2R(68.8%)が高い値を示していた.さらに,われわれはリンパ球/単球数比(LMR)が診断に役立つかどうかを調べた.LMRの値は,17例中13例(76.5%)が有意に低く,非ML患者と比較しても有意差を認めた.以上のことより,LMRの血液検査も診断の補助的なマーカーであると考えられた.

キーワード 推奨
  1. (英) malignant lymphoma / (日) 悪性リンパ腫
  2. (英) clinical study / (日) 臨床試験
  3. (英) oral region / (日) 口腔領域
  4. (英) lymphocyte-monocyte ratio / (日) リンパ球/単球数比
発行所 推奨 (英) Japanese Society of Oral Oncology / (日) 一般社団法人 日本口腔腫瘍学会
誌名 必須 日本口腔腫瘍学会誌(日本口腔腫瘍学会)
(pISSN: 0915-5988, eISSN: 1884-4995)
ISSN 任意 0915-5988
ISSN: 0915-5988 (pISSN: 0915-5988, eISSN: 1884-4995)
Title: 日本口腔腫瘍学会誌
Supplier: 一般社団法人 日本口腔腫瘍学会
Publisher: Japan Society for Oral Tumors
 (医中誌Web  (J-STAGE  (CrossRef (No Scopus information.)
必須 33
必須 2
必須 35 60
都市 任意
年月日 必須 2021年 6月 初日
URL 任意 https://ci.nii.ac.jp/naid/130008055411/
DOI 任意 10.5843/jsot.33.35    (→Scopusで検索)
PMID 任意
NAID 任意 130008055411
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意