徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [杉山 茂]/今西 健太/[霜田 直宏]/劉 志成/佐藤 英俊/山本 高郁/Recovery of Phosphoric Acid and Calcium Phosphate from Dephosphorization Slag/[Journal of Chemical Engineering of Japan]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
376407
EOID
1008143
Map
0
LastModified
2021年6月16日(水) 08:52:22
Operator
杉山 茂
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
杉山 茂
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨 研究
共著種別 推奨 徳島大学以外での国際共著(徳島大学以外での複数の国の研究機関による共同研究)
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.応用化学系.化学プロセス工学分野(2017年4月1日〜)
  2. 徳島大学.先端技術科学教育部.物質生命システム工学専攻.化学機能創生コース.化学プロセス工学講座(2012年4月1日〜)
著者 必須
  1. 杉山 茂([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.応用化学系.化学プロセス工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用化学システムコース.化学プロセス工学講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (英) Imanishi Kenta / (日) 今西 健太 / (読) いまにし けんた
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  3. 霜田 直宏([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.応用化学系.化学プロセス工学分野]/徳島大学.理工学部.理工学科.応用化学システムコース.化学プロセス工学講座/徳島大学.工学部.化学応用工学科.化学プロセス工学講座/徳島大学.先端技術科学教育部.物質生命システム工学専攻.化学機能創生コース.化学プロセス工学講座)
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. (英) Liu Jhy-Chern / (日) 劉 志成 / (読) りう じぇいちゃん
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. (英) Satou Hidetoshi / (日) 佐藤 英俊 / (読) さとう ひでとし
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. (英) Yamamoto Takaiku / (日) 山本 高郁 / (読) やまもと たかいく
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Recovery of Phosphoric Acid and Calcium Phosphate from Dephosphorization Slag

副題 任意
要約 任意

(英) We previously reported that by adding aqueous ammonia to the nitric acid extract of dephosphorization slag, a solid with enhanced concentrations of calcium and phosphorus, could be recovered. The present study shows that a considerable amount of manganese and iron also remains, however, which creates difficulties in directly reusing the recovered solid. The recovered material was again dissolved in nitric acid and the resultant filtrate was passed through a cation exchange resin that mostly removed various cations from the yield of an aqueous phosphoric acid solution. The recovery of phosphoric acid was confirmed via 31P NMR. Furthermore, when calcium nitrate was added to this aqueous solution, calcium hydroxyapatite, which was converted to calcium phosphate after the calcination at 1073 K. Phosphoric acid, calcium hydroxyapatite, and calcium phosphate are raw materials that are used to produce various industrial products containing phosphorus, and the suggested process greatly improves the technology for recovering phosphorus-containing materials that are mostly used as fertilizer.

キーワード 推奨
  1. (英) Dephosphorization Slag
  2. (英) Recovery of Phosphorus
  3. (英) Phosphoric Acid
  4. (英) Calcium Phosphate
  5. (英) Hydroxyapatite
発行所 推奨 社団法人 化学工学会
誌名 必須 Journal of Chemical Engineering of Japan([社団法人 化学工学会])
(pISSN: 0021-9592, eISSN: 1881-1299)
ISSN 任意 0021-9592
ISSN: 0021-9592 (pISSN: 0021-9592, eISSN: 1881-1299)
Title: JOURNAL OF CHEMICAL ENGINEERING OF JAPAN
Supplier: 公益社団法人 化学工学会
Publisher: Society of Chemical Engineers Japan
 (J-STAGE  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須
必須
必須
都市 任意 東京(Tokyo/[日本国])
年月日 必須 2021年 12月 末日
URL 任意
DOI 任意 10.1252/jcej.21we029    (→Scopusで検索)
PMID 任意
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意 ****
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意