徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [駒 貴明]/Yokoyama Masaru/Kotani Osamu/[土肥 直哉]/Nakanishi Nina/Okubo Hayato/[足立 隼]/[足立 昭夫]/Sato Hironori/[野間口 雅子]/Species-specific valid ternary interactions of HIV-1 Env-gp120, CD4, and CCR5 as revealed by an adaptive single-amino acid substitution at the V3 loop tip./[Journal of Virology]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
375129
EOID
1005280
Map
0
LastModified
2021年4月23日(金) 12:12:45
Operator
駒 貴明
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
駒 貴明
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. 駒 貴明([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.先端医学教育研究プロジェクト]/[徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.病理系.微生物病原学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (英) Yokoyama Masaru
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. (英) Kotani Osamu
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 土肥 直哉([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.病理系.微生物病原学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. (英) Nakanishi Nina
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. (英) Okubo Hayato
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. 足立 隼
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. 足立 昭夫
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  9. (英) Sato Hironori
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  10. 野間口 雅子([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.病理系.微生物病原学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Species-specific valid ternary interactions of HIV-1 Env-gp120, CD4, and CCR5 as revealed by an adaptive single-amino acid substitution at the V3 loop tip.

副題 任意
要約 任意

(英) Understanding molecular bases for viral entry into cells leads to the elucidation of one of major viral survival strategies, and thus to the development of new effective antiviral measures. As experimentally shown recently, HIV-1 is highly mutable and adaptable in growth-restrictive cells such as those of macaque origin. HIV-1 initiates its infection by sequential interactions of Env-gp120 with two cell surface receptors, CD4 and CCR5. A recent epoch-making structural study has disclosed that CD4-induced conformation of gp120 is stabilized upon binding of CCR5 to the CD4-gp120 complex, whereas its biological significance remains totally unknown. Here, from a series of mutations found in our extensive studies, we identified a single-amino acid adaptive mutation at the V3 loop tip of Env-gp120 critical for its interaction with both CD4 and CCR5 in a host cell species-specific way. This remarkable finding would certainly provoke and accelerate studies to precisely clarify the HIV-1 entry mechanism.

キーワード 推奨
発行所 推奨
誌名 必須 Journal of Virology([アメリカ微生物学会])
(pISSN: 0022-538X, eISSN: 1098-5514)
ISSN 任意 1098-5514
ISSN: 0022-538X (pISSN: 0022-538X, eISSN: 1098-5514)
Title: Journal of virology
Title(ISO): J Virol
Publisher: American Society for Microbiology
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須
必須
必須
都市 任意
年月日 必須 2021年 4月 21日
URL 任意
DOI 任意 10.1128/JVI.02177-20    (→Scopusで検索)
PMID 任意 33883222    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) PublicationType: Journal Article