徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [高砂 智哉]/[浜田 大輔]/[和田 佳三]/新田 晃弘/[玉置 康晃]/[後東 知宏]/[鶴尾 吉宏]/[西良 浩一]/Insufficient lateral joint laxity after bicruciate-retaining total knee arthroplasty potentially influences kinematics during flexion: A biomechanical cadaveric study./[The Knee]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
373730
EOID
1005430
Map
0
LastModified
2021年4月24日(土) 19:58:31
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
西良 浩一
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. 高砂 智哉
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 浜田 大輔([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.先端医学教育研究プロジェクト]/[徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.外科系.運動機能外科学]/[徳島大学.病院.診療科.感覚·皮膚·運動機能科.整形外科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 和田 佳三([徳島大学.病院.先端医科医療開発研究プロジェクト]/[徳島大学.病院.診療科.感覚·皮膚·運動機能科.整形外科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. (英) Nitta Akihiro / (日) 新田 晃弘 / (読) にった あきひろ
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  5. 玉置 康晃([徳島大学.病院.診療科.感覚·皮膚·運動機能科.整形外科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. 後東 知宏([徳島大学.病院.中央診療施設等.クリニカルアナトミー教育・研究センター])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. 鶴尾 吉宏([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.生理系.顕微解剖学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. 西良 浩一([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.外科系.運動機能外科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Insufficient lateral joint laxity after bicruciate-retaining total knee arthroplasty potentially influences kinematics during flexion: A biomechanical cadaveric study.

副題 任意
要約 任意

(英) Restoring optimal joint laxity was not always straightforward in BCR TKA if the 4 ligaments were preserved. Lateral joint laxity was potentially decreased in BCR TKA and may result in kinematic conflict during flexion. Surgeons should be aware of the need to achieve sufficient lateral joint laxity in this type of BCR TKA.

(日) Knee joint laxity after BCR TKA under varus-valgus movement, anterior translation, and internal-external rotation loadings was similar to that of the native knee. However, lateral joint laxity was decreased during flexion in some cases. BCR TKA-treated knees with decreased lateral joint laxity at 90° of flexion demonstrated more limited tibial internal rotation in deep flexion than the native knee (p < 0.05). The loss of internal rotation in deep flexion was partly recovered by using a lateral insert with a posterior slope of +3°.

キーワード 推奨
発行所 推奨
誌名 必須 The Knee(Butterworth-Heinemann)
(pISSN: 0968-0160, eISSN: 1873-5800)
ISSN 任意 1873-5800
ISSN: 0968-0160 (pISSN: 0968-0160, eISSN: 1873-5800)
Title: The Knee
Title(ISO): Knee
Publisher: Elsevier BV
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 28
必須
必須 311 318
都市 任意
年月日 必須 2021年 1月 18日
URL 任意
DOI 任意 10.1016/j.knee.2020.12.008    (→Scopusで検索)
PMID 任意 33477002    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) PublicationType: Journal Article