徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [竹内 誠]/[手束 文威]/[千川 隆志]/Hibino Naohito/高橋 芳徳/山﨑 悠平/百田 佳織/Henmi Tatsuhiko/[前田 徹]/[西良 浩一]/Consecutive double-level lumbar spondylolysis successfully treated with the double "smiley face" rod method./[The Journal of Medical Investigation : JMI]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
373704
EOID
1011616
Map
0
LastModified
2021年8月4日(水) 16:07:45
Operator
西良 浩一
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
西良 浩一
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. 竹内 誠([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.連携研究部門(医学域).寄附講座系(医学域).地域運動器・スポーツ医学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 手束 文威([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.先端医学教育研究プロジェクト]/[徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.外科系.運動機能外科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 千川 隆志
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. (英) Hibino Naohito
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. (英) Takahashi Yoshinori / (日) 高橋 芳徳 / (読) たかはし よしのり
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  6. (英) Yamasaki Yuhei / (日) 山﨑 悠平 / (読) やまさき ゆうへい
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  7. (英) Momota Kaori / (日) 百田 佳織 / (読) ももた かおり
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  8. (英) Henmi Tatsuhiko
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  9. 前田 徹
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  10. 西良 浩一([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.外科系.運動機能外科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Consecutive double-level lumbar spondylolysis successfully treated with the double "smiley face" rod method.

副題 任意
要約 任意

(英) We report a case of double-level lumbar spondylolysis at L4 and L5 that was successfully treated with the double "smiley face" rod method. A healthy 29-year-old man who presented with a 6-year history of chronic low back pain was referred to us for surgical treatment. Plain radiographs and computed tomography of the lumbar spine revealed bilateral pars defects at L4 and L5 without slip or scoliosis. The patient underwent direct repair of the pars defects using the double smiley face rod method at L4 and L5. There were no intraoperative or postoperative complications, and the patient had improved clinically by 1 year after surgery. The low back pain was completely disappeared and visual analog scale was 0. He restarted tennis again as the recreational level. While several techniques for direct repair of lumbar spondylolysis have been described, this is the first report of the double smiley face rod method being used to repair the consecutive double-level lumbar spondylolysis. J. Med. Invest. 67 : 202-206, February, 2020.

キーワード 推奨
発行所 推奨
誌名 必須 The Journal of Medical Investigation : JMI([徳島大学.医学部])
(pISSN: 1343-1420, eISSN: 1349-6867)
ISSN 任意 1349-6867
ISSN: 1343-1420 (pISSN: 1343-1420, eISSN: 1349-6867)
Title: The journal of medical investigation : JMI
Title(ISO): J Med Invest
Supplier: 徳島大学
Publisher: Tokushima Daigaku Igakubu
 (NLM Catalog  (Webcat Plus  (医中誌Web  (J-STAGE  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 67
必須 1.2
必須 202 206
都市 任意
年月日 必須 2020年 2月 初日
URL 任意
DOI 任意 10.2152/jmi.67.202    (→Scopusで検索)
PMID 任意 32378609    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) PublicationType: Journal Article