徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [徳永 雅彦]/[中野 晋]/2019年台風第19号における栃木県佐野市の被害と住民避難の実態調査/[土木学会論文集B1(水工学)]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
372891
EOID
999010
Map
0
LastModified
2021年1月25日(月) 20:02:01
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
中野 晋
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 日本語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨 研究
共著種別 推奨 学内共著(徳島大学内研究者との共同研究 (学外研究者を含まない))
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 徳島大学.環境防災研究センター(2004年4月1日〜)
著者 必須
  1. 徳永 雅彦([徳島県.県土整備部])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 中野 晋([徳島大学.環境防災研究センター]/[徳島大学.環境防災研究センター.防災研究部門]/[徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.防災科学講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) SURVEY OF DAMAGE AND RESIDENTS' EVACUATION IN SANO CITY, TOCHIGI PREFECTURE IN TYPHOON NO.19 OF 2019

(日) 2019年台風第19号における栃木県佐野市の被害と住民避難の実態調査

副題 任意
要約 任意

(英) Prompt and safe evacuation is important to prevent casualties from heavy rain disasters. When heavy rain is predicted, the government is required to encourage residents to take appropriate evacuation ac-tions by transmitting accurate information.In Typhoon No. 19 of 2019, many houses were flooded in Sano City, Tochigi Prefecture, as a result of the breakage of two banks of the Akiyama River in the Tone River system. In this report, we conducted an interview survey of Sano City staff to verify the occurrence of damage, the transmission and communication of evacuation information, and the evacuation of residents. Since a strong typhoon was expected to approach, evacuation centers were opened and evacuation information was disseminated early so that residents could evacuate before it became dark. However, many residents evacuated after heavy rains or after the inundation began. In order to promote quick and safe evacuation behavior of residents, it is important to improve disaster prevention literacy of resi-dents.

(日) 本報告では,2019年(令和元年)台風第19号で一級河川利根川水系秋山川の堤防が2箇所で決壊するなどにより,多くの家屋浸水が発生した栃木県佐野市を対象として,佐野市役所に聞き取り調査を行い,豪雨時の被害の発生状況や避難情報の発令,避難の呼びかけ,住民の避難状況などを検証した.佐野市役所では台風の接近を予想し,明るい時間帯に避難を完了させるよう早めに避難所を開設し,避難情報の発信などに取り組んでいた.しかし,住民の多くは強い雨が降り出した後,また,浸水が始まってから避難をしている.このため,迅速で安全な避難行動を促進するには,住民の防災リテラシーを高める取り組みが重要である.

キーワード 推奨
  1. (英) heavy rain disaster / (日) 豪雨災害 / (読) ごううさいがい
  2. (英) evacuation behavior / (日) 避難行動 / (読) ひなんこうどう
  3. (英) timeline / (日) タイムライン
  4. (英) disaster prevention literacy / (日) 防災意識 / (読) ぼうさいいしき
発行所 推奨 社団法人 土木學會
誌名 必須 土木学会論文集B1(水工学)([社団法人 土木學會])
(eISSN: 2185-467X)
ISSN 任意 2185-467X
ISSN: 2185-467X (eISSN: 2185-467X)
Title: 土木学会論文集B1(水工学)
Supplier: 公益社団法人 土木学会
Publisher: Japan Society of Civil Engineers
 (J-STAGE  (CrossRef (No Scopus information.)
必須 76
必須 1
必須 323 328
都市 任意
年月日 必須 2020年 12月 20日
URL 任意
DOI 任意 10.2208/jscejhe.76.1_323    (→Scopusで検索)
PMID 任意
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意