徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [田村 隆雄]/上田 尚太朗/[武藤 裕則]/[鎌田 磨人]/遮断蒸発率と地表面粗度の増強による森林の洪水低減機能の早期向上に関する検討/[土木学会論文集B1(水工学)]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
371852
EOID
1001360
Map
0
LastModified
2021年2月26日(金) 11:19:25
Operator
三好 小文
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
田村 隆雄
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 日本語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. 田村 隆雄([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.社会基盤デザイン系.防災科学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.防災科学講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (英) Ueda Shotaroh / (日) 上田 尚太朗 / (読) うえだ しょうたろう
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  3. 武藤 裕則([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.社会基盤デザイン系.防災科学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.防災科学講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 鎌田 磨人([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.社会基盤デザイン系.地域環境分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.社会基盤デザインコース.地域環境講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) IMPROVEMENT OF FLOOD REDUCTION FUNCTION OF FORESTED BASIN BY REINFORCEMENT OF EVAPORATION RATE AND GOUUND ROUGHNESS

(日) 遮断蒸発率と地表面粗度の増強による森林の洪水低減機能の早期向上に関する検討

副題 任意
要約 任意

(英) Two forest operation techniques with an flood peak reduction effect were discussed using a tank-model and two small artificial forested basins where forest physiognomy was different. One operation was the way to strengthen the insulation evaporative rate by changing its physiognomy, other was the way to make forest floor vegetation and ground roughness increased. The effect when artificial cedar forest was replaced with a mixed conifer-hardwood forest was discussed. As a result, it was estimated that the flood peak flow decreased around 20% before the replacement.

(日) 流域治水における活用を念頭に,遮断蒸発率と地表面抵抗の増強による森林の洪水低減機能の向上について洪水ピーク流量の視点から検討した.徳島県内に位置する2つの林地(一斉植林・皆伐型施業のスギ人工林,弱間伐・択伐型施業のスギ・ヒノキを中心とする針広混交複層林)を対象に水文観測を実施し,地表面流分離直列二段タンクモデルと将来予測降雨を用いた流出シミュレーションを実施した.遮断蒸発率と地表面抵抗の洪水ピークの流量低減と遅延効果について検討した結果,対象としたスギ人工林を針広混交複層林・弱間伐に変更すると20%程度の洪水ピーク流量低減効果を得られる可能性が示唆された.

キーワード 推奨
  1. 森林(forest)
  2. (日) 洪水低減機能 / (読) こうずいていげんきのう
  3. 蒸発(evaporation)
  4. (英) Ground roughness / (日) 地表面粗度
  5. (英) Basin flood control / (日) 流域治水
発行所 推奨 社団法人 土木學會
誌名 必須 土木学会論文集B1(水工学)([社団法人 土木學會])
(resolved by 2185-467X)
ISSN: 2185-467X (eISSN: 2185-467X)
Title: 土木学会論文集B1(水工学)
Supplier: 公益社団法人 土木学会
Publisher: Japan Society of Civil Engineers
 (J-STAGE  (CrossRef (No Scopus information.)
ISSN 任意
必須 76
必須 2
必須 127 132
都市 任意
年月日 必須 2020年 10月 初日
URL 任意
DOI 任意
PMID 任意
NAID 任意 40022436103
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意