徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [中村 信元]/木村 成昭/鹿島 正弘/七條 加奈/[吉田 守美子]/原田 英嗣/松下 隆哉/大島 康志/玉木 康民/堀内 宣昭/武市 俊彰/藤本 浩史/増田 和彦/岩坂 尚人/四宮 禎雄/癌性腹膜炎で発症しPaclitaxelの腹腔内投与とS-1の全身投与を施行した虫垂杯細胞カルチノイドの1例/[癌と化学療法]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
368382
EOID
986799
Map
0
LastModified
2020年8月19日(水) 11:19:12
Operator
三木 ちひろ
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
中村 信元
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須
言語 必須
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. 中村 信元([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.連携研究部門(医学域).寄附講座系(医学域).実践地域診療・医科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (日) 木村 成昭
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. (日) 鹿島 正弘
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. (日) 七條 加奈
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. 吉田 守美子([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.内科系.血液・内分泌代謝内科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. (日) 原田 英嗣
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. (日) 松下 隆哉
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. (日) 大島 康志
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  9. (日) 玉木 康民
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  10. (日) 堀内 宣昭
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  11. (日) 武市 俊彰
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  12. (日) 藤本 浩史
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  13. (日) 増田 和彦
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  14. (日) 岩坂 尚人
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  15. (日) 四宮 禎雄
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(日) 癌性腹膜炎で発症しPaclitaxelの腹腔内投与とS-1の全身投与を施行した虫垂杯細胞カルチノイドの1例

副題 任意
要約 任意

(日) 虫垂杯細胞カルチノイド(goblet cell carcinoid of appendix)は,まれな組織型で,高齢で治癒切除不能例における適切な化学療法は確立されていない.症例は77歳,女性.主訴は腹部膨満感.既往歴は62歳で虫垂切除術.2006年7月より下腹部痛,10月より腹部膨満感を自覚し,精査目的で近医より紹介された.入院,精査したところ,大腸内視鏡検査で虫垂開口部付近に約3cm大の腫瘍が認められ,生検でadenocarcinoid(goblet cell tumor)と診断した.腹腔鏡検査では腹膜に多数の白色結節を認め,癌性腹膜炎と診断した.根治切除術不能と判断し,paclitaxel(PTX)70mg/m2/weekの腹腔内投与を開始したところ,腹水の穿刺排液が即座に不要になった.しかし両側の間質性肺炎を合併したため,PTXによる治療を中止,ステロイドパルス療法で軽快した.以後,S-1単独療法に変更し反復したところ,1年間,遠隔転移や腹水の再増量を認めなかったが診断から13ヵ月目に腫瘍死した.PTX腹腔内投与とS-1全身投与がある程度有効であったが長期予後は厳しく,今後症例を集積し,さらなる治療法の開発が望まれる.(著者抄録)

キーワード 推奨
  1. (日) カルチノイド腫瘍(合併症,薬物療法)
  2. (日) 大腸内視鏡法
  3. (日) 虫垂腫瘍(合併症,薬物療法)
  4. (日) CA-125抗原(血液)
  5. (日) Paclitaxel(治療的利用,毒性・副作用)
  6. (日) 致死的転帰
  7. (日) TS-1(治療的利用)
  8. (日) 癌性腹膜炎(病因)
  9. (日) 肺炎-間質性(化学的誘発)
  10. (日) 腹腔内投
  11. ヒト(Homo sapiens)
  12. (日) 高齢者(65∼79)
  13. 女性(female)
発行所 推奨 (日) (株)癌と化学療法社
誌名 必須 癌と化学療法(癌と化学療法社)
(resolved by 0385-0684)
ISSN: 0385-0684 (pISSN: 0385-0684)
Title: Gan to kagaku ryoho. Cancer & chemotherapy
Title(ISO): Gan To Kagaku Ryoho
Publisher: Japanese Journal of Cancer & Chemotherapy Publishers Inc.
 (NLM Catalog  (医中誌Web  (Scopus (Scopus information is found. [need login])
ISSN 任意
必須 35
必須 13
必須 2425 2428
都市 任意
年月日 必須 2008年 12月 初日
URL 任意 http://search.jamas.or.jp/link/ui/2009058440
DOI 任意
PMID 任意
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) %M: 2009058440

  2. (英) ISBN/ISSN: 0385-0684 (Print)

  3. (英) %D: 2008

  4. (日) %9: 原著論文/症例報告